2019年09月12日

『北海道ぶらり歴史探訪ルートガイド』北海道の歴史を見て歩く会




 幕末から明治にかけた変革期の舞台、開拓時代の名所や偉人の足跡、人々の信仰や文化、発展の歩みを紐解く、歴史ロマンの旅へ。北海道内の歴史をテーマで巡る28コースを紹介する。

 北海道の歴史を本州と比較すると、旧石器時代や縄文時代などの古代の時期は同じようにありますが、奈良、平安、鎌倉時代のような熱い時代の流れはありません。しかし、アイヌ文化や屯田兵制度など北海道にしか見られない歴史もあります。「歴史の重みとは何か」、「自然の重みとは何か」、広い北海道の歴史を探訪する一助として、本書をぜひご活用ください。

 本書は、道内の歴史をテーマで巡る充実の28コースを紹介したガイドブック。取り上げられている28コースでは、松前町・函館市・江差町・北広島市・恵庭市・札幌市・江別市・石狩市・小樽市・平取町・網走市のコースが取り上げられていて、それぞれのコースのウォーキング距離や歴史内容、写真やイラスト図などで分かりやすく紹介されています。本を片手に地図を見ながら歴史探訪したいです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:06| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/11)

■ 改造内閣発足…経済課題は山積 消費税増税乗り切れるか

『第4次安倍晋三再改造内閣が11日、発足した。山積する経済課題で最も重要なのが、10月1日に予定される消費税増税をうまく乗り切れるかだ。米中貿易摩擦の深刻化で世界経済の下振れリスクが強まっており、日本経済への波及を防げるか手腕を問われることになる。通商分野では、年内妥結を目指す東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉に道筋をつけられるかが焦点だ』とありますが、まずは改造内閣での

お手並み拝見

ですかね。。。

ただし、来月からの消費税引き上げは経済への影響が大きくなるだろうし、数多くの問題を抱えているだけに、特に経済と外交問題に真剣に取り組んでほしいものです。

■ 「竹島は日本領」と米認識 政府、豪文書でも確認

『内閣官房は10日、終戦から5年後の1950年に、米国政府が島根県・竹島を日本領と認識しているとの見解をオーストラリア政府に伝えた内容が記載されたオーストラリア側の文書が見つかったと発表した。同じやりとりに関する米側の文書は既に公開されている。米豪双方から米国の認識が確認されたことで、日本の立場がより補強された形だ』とのことですが、この件に関して、なんで韓国はダンマリなんですかね?(呆)

そして不法占拠している事実こそ、日本は世界に向けてアピールしていくべきです!
posted by babiru_22 at 04:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする