2019年09月24日

『彼方の友へ』伊吹有喜

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

彼方の友へ [ 伊吹有喜 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/9/24時点)




 平成の老人施設でまどろむ佐倉波津子に、「乙女の友・昭和十三年新年号附録 長谷川純司作」と印刷された可憐な箱が届く。昭和初期から現在へ。雑誌の附録に秘められた想いとは…。『紡』掲載等に加筆・修正。

 本書は、戦中に少女たちの心の癒しとなっている雑誌『乙女の友』を手がけるハツの人生を描いた作品。戦前・戦中・戦後を駆け抜けた女性の物語でもありますが、時代背景と共に前向きに時代を生きる人々の姿は感動を覚えます。直木賞候補にもノミネートされた作品ですが、納得できる物語です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:09| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/23)

■ 「気候変動問題はセクシーに」小泉大臣が国連で演説

『小泉環境大臣:「気候変動のような大きな問題は楽しく、かっこ良く、セクシーであるべきだ」 ロイター通信はこの発言を取り上げ、「日本の新しい環境大臣が『気候変動との戦いをセクシーに』と発言した」と大きく報じました』って、小泉進次郎環境相は世界に対して

バカ丸出し

ですか?(呆)

ウケを狙ったのか何なのかサッパリ分かりませんが、こういう場でのパフォーマンスは止めてほしい。。。

■ 韓国経済が窮地、「通貨危機の再来前夜」の様相を呈しつつある

『このままでは、韓国が再び経済破綻に直面したとき、最悪の選択として、22年前のようにIMFから緊急融資を受ける代わりに、再び国の経済・財政・金融政策をすべて管理されて“経済主権を失う”事態にもなりかねない』とありますが、知ったこっちゃありません。

いわば韓国経済が窮地に追い込まれたのは、自業自得であり、自らが選んでことですし、日本が大嫌いなようですから、自分達の問題なのだから、自分達だけで解決して下さい!
posted by babiru_22 at 04:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする