2019年10月03日

『奴隷労働 ベトナム人技能実習生の実態』巣内尚子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

奴隷労働 ベトナム人技能実習生の実態 [ 巣内尚子 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2019/10/3時点)




 仲介ビジネスの横行、渡航前費用の多額の借金、低賃金、長時間労働、暴力、劣悪な住居環境、日本の受け入れ企業での人権侵害…。詳細な聞き取りで、急増するベトナム人技能実習生の驚くべき現状を明らかにする。

 急増するベトナム人技能実習生が見た、もう一つの<日本>。詳細な聞き取りで明らかになる驚くべき実態。仲介ビジネスの横行で、多額の渡航前費用を借金し来日するベトナム人実習生たち。低賃金、長時間労働、暴力、パワハラ、セクハラ、劣悪な住居環境、家賃天引きの二重の搾取、除染などの危険な業務、「逃げる」ことを選ぶ実習生、多くの死者……。広がる実習生支援の市民の輪、動き出す労働組合。日本社会の対応はこれでいいのか? 外国人労働者受け入れ拡大の矛盾から、目をそらしていいのか?

 本書は、タイトルでも分かるように、外国人技能実習生の実態と、利害と差別が絡む日本の実情についてを書いたノンフィクション。中国人に代わり増加しているベトナム人技能実習生について140人もの聞き取り調査から綴ったものでもありますが、全ての外国人技能実習生が本書で書かれるような酷い実情ではないでしょうが、悪質ブローカーの実態や様々な問題など、政治としてもこの現実を見据えた対応をしてほしいものです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 17:55| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする