2019年10月22日

『共感障害 「話が通じない」の正体』黒川伊保子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

共感障害 「話が通じない」の正体 [ 黒川 伊保子 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2019/10/22時点)




 挨拶を返さない、同僚の片付けを手伝わないなど、家庭や職場で「当たり前のこと」ができない人々。その原因は性格や知能ではなく、脳の認識の違いだった。脳科学から、困った人とのつきあい方を読み解く。

 挨拶を返さない、うなずかない、同僚の仕事を手伝わない。「当たり前のこと」をしない人、あなたの周りにいませんか? 職場や家庭で、誰もが自然とできることをやらず、周りを困惑させる人々。その原因は、性格や知能ではなく、脳の「認識」の違いにあった! 置かれた状況をうまく認識できない……そんな「共感障害」を持つ人と、どうすれば意思疎通を図れるのか。ベストセラー『妻のトリセツ』著者が脳科学から読み解く、驚きの真相。

 カバー文から脳科学的な内容と思い読んでみましたが、著者の主観的な意見が多く、内容にやや信憑性が欠ける点が残念なところ。共感を欠く人を理解しようとする意図は見られますが、それならば誰もが違う個性でもあるのだから、それを認め合う必要性、そして社会全体の寛容性を引き出すようにしていくべきとも思います。断定的な部分も多く、内容的にもっと掘り下げた方が良かったとも思いました。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 16:56| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする