2019年11月09日

『「いいね!」戦争 兵器化するソーシャルメディア』P・W・シンガー/エマーソン・T・ブルッキング




 政治や戦争のあり方を世界中で根底から変えたSNS。インターネットは新たな戦場と化し、情報は重要な兵器となった。軍事研究とSNS研究の第一線で活躍する著者が、誰もが当事者になり得る新種の戦争の本質に迫る。

 大統領選挙から麻薬抗争まで、SNSは政治や戦争のあり方を世界中で根底から変えた。インターネットは新たな戦場と化し、情報は敵対者を攻撃する重要な兵器となった。「いいね! 」「シェア」を奪い合って荒らし行為やフェイクニュースが氾濫し、ネット上の戦闘が現実の紛争や虐殺を引き起こすことさえある。軍事研究とSNS研究の第一線で活躍する著者が、多数の事例をもとに新たな戦争の実態を解明。誰もが当事者としてグローバルな争いに巻き込まれていく過程と事実をえぐり出す衝撃作。

 本書は、インターネットを利用した政治、戦争についての事例を集めて分析したもの。トランプの大統領就任、ロシアによるSNSを通した米国大統領選挙への干渉、マレーシア航空機撃墜事件、イスラム国など過激派のSNS戦など近年の国際的な事件とSNSとの関連について、ネット社会の負の一面についても丁寧に説明しています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:17| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする