2019年12月06日

『マーダーズ』長浦 京

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マーダーズ [ 長浦 京 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/12/6時点)




 殺人を犯しながら、誰にも知られず、日常生活を続ける者たちがいる。彼らが出会うとき、法では裁き得ない殺人者たちへの断罪が始まる…。現代社会の「裏」を描いた犯罪小説。

 この街には複数の殺人者がいる。彼らが出会うとき、法では裁き得ない者たちへの断罪が始まる……。ストーカに襲われる女性を助けた夜から、商社マン・阿久津清春の日常は狂い始める。ブラウンの瞳と褐色の肌を持つその女、柚木玲美は言った「あなたが殺人犯だと知っています」。17歳の夏、清春は人を殺していた。誰にも知られず……。意図的に清春に近づいた玲美は、その「事実」と引き換えに、母の死の真相と行方不明の姉の捜索を依頼する。パートナーとなるのは、かつて実兄の殺害容疑をかけられた組対五課の刑事・則本敦子。彼女もまた、過去の事件の証拠を玲美に握られていた。異様な関係で結ばれた3人の捜査は、いくつかの未解決事件を掘り起こし、やがて社会に潜む、起こしてはならない者たちを呼び寄せてしまう……。

 本書は、登場人物の殆どが殺人者というクライムノベル。スピード感ある展開は面白かったものの、登場人物が多すぎて、全体像がボヤけてしまう部分もあり、アクションとしては良かったですが、ちょっと読み疲れのするサスペンスでした。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 16:21| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

『へぼ侍』坂上 泉

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

へぼ侍 [ 坂上 泉 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2019/12/5時点)




 明治維新で没落した大阪の与力の跡取り錬一郎は「へぼ侍」と揶揄されていた。1877年、西南戦争が勃発すると官軍は元士族を「壮兵」として徴募。仕官の道が開けると考えた錬一郎は意気込んでそれに参加するが…。

 大阪で与力の跡取りとして生まれながら、家が明治維新で没落したため幼いころより商家に丁稚奉公に出された錬一郎は、それでも士族の誇りを失わず、棒きれを使って剣術の真似事などをして周囲の人間から「へぼ侍」と揶揄された。1877年、西南戦争が勃発すると官軍は元士族を「壮兵」として徴募、武功をたてれば仕官の道も開けると考えた錬一郎は意気込んでそれに参加する。しかし、彼を待っていたのは、料理の達人、元銀行員、博打好きの荒くれなど、賊軍出身者や異色の経歴の持ち主ばかりの落ちこぼれ部隊だった……。

 本書は、第26回松本清張賞受賞作で、西南戦争を舞台に落ちこぼれ兵士の活躍を描いた時代小説。物語には、犬養毅も乃木希典も西郷隆盛も登場しますが、むしろ脇役で、主役は「へぼ侍」と揶揄される無名人たちで、その人間ドラマとして戦場を疾走する姿が描かれます。

【満足度】 ★★★★
ラベル:坂上 泉 へぼ侍
posted by babiru_22 at 18:51| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

『日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学』小熊英二




 女性や外国人に対する閉鎖性、地方や非正規雇用の格差、生産性の低さ…。日本を支配する「社会の慣習」とは何か? 「日本の働き方」成立の歴史的経緯とその是非を問い、“この国のかたち”を浮き彫りにする。

 本書は、日本がどのように成り立ってきたのかについて考察したもの。新書でありながら600ページという分厚い一冊ですが、いわゆる慣行と呼ばれるものがどのように形成されていったのかの経緯は興味深い内容で、日本社会を俯瞰して見ることができる社会学でもあります。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 15:51| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

『「値づけ」の思考法 買いたくなる価格には必ず理由がある』小川孔輔

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「値づけ」の思考法 [ 小川孔輔 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/12/3時点)




 利益の95%は価格戦略で決まる! 値づけの基本方程式、限定品商法のティージング効果など、儲かる値段の決め方と見せ方を考える上で必須の知識とその活用ノウハウを解説。「財布の紐」を緩ませる知恵の絞り方がわかる。

 「高く売るか? 安く売るか?」「値下げか? 値上げか?」「定額販売制か? 価格変動制か?」「値引きか? ポイント還元か?」など、きちんと利益が出て、お客が買いたくなる価格の決め方と見せ方を身近な実例、旬な話題、鋭い分析を交えて解き明かします。

 本書は、十分な利益を上げるために必要なスマートな「値づけ」(価格の決め方&見せ方=価格戦略=プライシング)について解説したもの。様々な業界で成功している会社の絶妙な価格戦略の実例をひも解きながら、プライシングの基本と実践法を平易に解説していて、「ダイナミック・プライシング」や「サブスクリプション」など、いま注目されている旬な手法や、鋭い分析・予測も随所に盛り込まれています。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 15:54| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

『ちゃぶ台の昭和』小泉和子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新装版 ちゃぶ台の昭和 (らんぷの本) [ 小泉 和子 ]
価格:2035円(税込、送料無料) (2019/12/2時点)




 裸電球の下の小さなちゃぶ台を家族で囲み、いつもは一汁一菜。貧しかったが、たまのご馳走が楽しみだった。ライスカレー、鉄火味噌、白菜漬け、五目寿司等、記憶の中の昭和の食卓をレシピ付きで再現。ちゃぶ台が語る「昭和」。

 裸電球の下の小さなちゃぶ台を家族で囲んだ。貧しかったが、たまのご馳走が楽しみだった。記憶の中の食卓をレシピ付きで再現。ライスカレー、白菜漬け等。ちゃぶ台が語るもう一つの昭和。

 本書は、ちゃぶ台に伴う昭和の食事を再現した文化史ともいえる内容で、日本の食事の変換も詳しく書かれています。ちゃぶ台の歴史も中々興味深く、ついアニメ「巨人の星」を思い出しましたが、昭和を強く感じる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:15| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする