2019年12月13日

『裏昭和史探検 風俗、未確認生物、UFO…』小泉信一




 額縁ショー、愛人バンク、ヨコハマメリー、薔薇族…。記録に残らない昭和の夜の風俗を、調査と体験で正確に網羅。「大衆文化担当編集委員」の肩書を持つ著者が昭和を裏から覗いた大衆史。『週刊朝日』連載等を単行本化。

 日本で唯一と言われる「大衆文化担当編集委員」の小泉信一・朝日新聞記者が週刊朝日に書き下ろす好評連載に加筆して単行本化。平成が終わるタイミングで、平成以上に郷愁を感じさせる昭和を裏≠ゥら覗いた大衆史。第1部のテーマは風俗。「トルコ」「愛人バンク」「テレクラ」……法規制に抗いながら発展と衰退を繰り返してきた業界模様を史実と証言で綴る。怖い物見たさでページを開けば、おおらかだった時代への郷愁や憧憬の思いに駆られる。がんじがらめに抑制された現代社会と違い、昭和のエロには創意工夫と愛があった。第2部では「UFO伝説」、第3部では「未確認生物」と、やはり正史には記録されない事象を追ったルポも収録。科学では説明できない、しかし現代人の興味をひきつける正体に迫る。

 本書は、昭和の風俗史を中心に、当時の未確認生物やUFOのブームについてルポとしてまとめられていますが、正史には載らない裏昭和史として懐かしさを覚える内容です。飽くなき欲望を感じさせる昭和の大衆文化を、裏から覗き見る一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:06| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする