2020年03月06日

『ノースライト』横山秀夫

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノースライト [ 横山 秀夫 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/3/6時点)




 一級建築士の青瀬が設計した新築の家。しかし、Y邸に越してきたはずの家族の姿はなく、一脚の「タウトの椅子」だけが浅間山を望むように残されていた。Y邸で何が起きたのか? 一家の行方は…。『旅』連載を単行本化。

 横山ミステリー史上、最も美しい謎。熱く心揺さぶる結末。『64』から6年。平成最後を飾る長編、遂に登場。一級建築士の青瀬は、信濃追分に向かっていた。たっての希望で設計した新築の家。しかし、越してきたはずの家族の姿はなく、ただ一脚の古い椅子だけが浅間山を望むように残されていた。一家はどこへ消えたのか? 伝説の建築家タウトと椅子の関係は? 事務所の命運を懸けたコンペの成り行きは? 待望の新作長編ミステリー。

 物語は、建築士の主人公を通して、住むとは何か、家族とは何かという身近なテーマで三つの家族の心の機微を描いた作品。著者ならではの警察小説ではありませんが、「貴方の住みたいと思う家を建ててください」とクライアントから理想的な注文を受け、思うままに作った北からの採光が特徴である屋敷は「平成の200邸」に選ばれるも、竣工した屋敷には誰も住んでいる気配がなく、その謎に迫る物語ですが、派手さはないものの独特の臨場感で、改めて家とは何か、家族とは何かを考えさせられた作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:00| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする