2020年03月30日

『クモのイト』中田兼介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クモのイト [ 中田兼介 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/3/30時点)




 クモの魅力は、その賢さと複雑さにある。エサを捕らえるために糸を使ってワナを仕掛け、経験から学び、未来を予測して柔軟に生き方を変えていく。クモと人間の関わり、クモという生き物のこと、クモの生き方について解説する。

 もしもクモがいなかったら? 蜘蛛の「糸」と「意図」が人間と生物を支配している!? その驚くべき生態と「クモの知恵」! 「ウェブ」は「クモの巣」の意。人気者・スパイダーマンのキャッチフレーズは「親愛なる隣人」。芥川龍之介の代表作は『蜘蛛の糸』……こんなに身近な存在のクモなのに、知らなかったことばかり!

 本書は、クモの知られざる生態を解説した一冊。多くのクモがタンパク質の網の糸を自ら食べてリサイクルし、エサを沢山捕まえた翌日は、前日よりも大きな網を張り、子育て中に母親の寿命が尽きかけると、自分の体を栄養として役立ててもらうため、子グモの前に身を投げ出す……ことや、生殖前にメスに食べられないように求愛するオスの作戦、網の張る手順、クモの糸を使って服を作ろうとする人間の野望など、クモにまつわる盛り沢山のエピソードが紹介されており、とても興味深い内容でした。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 22:48| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする