2020年04月10日

『大水害「安全対策」完全ガイドブック 2020年 保存版』別冊宝島編集部




 2019年に日本を襲った水害のまとめや、被害額で見た自治体水害ランキング、治水行政の実態など、水害にまつわるさまざまな情報を紹介。自衛隊や防災アドバイザーが指南する「防災・安全対策」マニュアルも収録する。

 本書は台風・大雨による「水害」に絞り、国土地理院が公開する地域の危険度を示した「地理院地図」や各地方自治体が公開する「ハザードマップ」をもとに、地域ごとに危険度ランキングを掲載。また、明治時代の地図と現在の地図を比べた危険地域の分析、河川決壊の危険性など多岐にわたって水害の危険度を分析します。巻頭では、今年の台風・豪雨による被害の状況のビジュアルと分析を掲載。いつ大雨の被害が起きても決して不思議ではない状況であり、多くの人の興味を引く内容になっています。

 本書は、水害について、自衛隊、防災アドバイザーなどが指南したもので、水害の被害に特化したムック本。保険による備えにおける注意点、昨年の台風19号の分析、過去の水害についての詳細、防災・安全対策マニュアル、全国浸水危険度マップ……など、充実した内容になっており、知識や情報としても非常に参考になりました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:16| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする