2020年04月20日

『身のまわりのすごいしくみ大百科』涌井良幸/涌井貞美




 キャッシュレス決済、クモの巣、郵便番号、筋肉痛…。ハイテクから動植物、社会全般、人体、電気関連に至るまで、身近なのに知らなかったさまざまな「すごいしくみ」を、図とともにわかりやすく解説する。

 私たちが、ふだん触れたり目にしたりしている身近な「モノゴト」には、実はそれぞれに「すごいしくみ」が備わっている。でも私たちは、それをよく知らぬまま、そもそものしくみ自体を意識することなく日々生活しているのではないだろうか。本書は、ハイテク技術から、動植物、社会全般、人体、電気関連に至るまで、私たちの「身のまわり」に見る「すごいしくみ」について、図解とともにシンプルに解説する一冊!

 本書は、誰もが知る身近なモノゴトの裏にある“感動もの”の仕組みについてを分かりやすくまとめた一冊。大百科とあるように、内容がコンパクトにまとめられていて、雑学としても非常に楽しく読むことができます。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 22:38| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ぼくらはお金で何を買っているのか。』松野恵介




 「ここだから買う」には理由がある…。商売をしているときに感じる心の動きや葛藤、ビフォー&アフターの中に隠された紆余曲折など、実話をもとに「仕事の本質」を小説で描きながら、「コトマーケティング戦略」を解説する。

 「カンブリア宮殿」にも出演した珍味メーカー。一年で売上げ一億の外壁塗装会社。新幹線に乗ってお客様がくる野球専門店。過疎化のシャッター街でも大人気の服飾店。35年間、流行り続けた伝説の喫茶店。お客様の「ここだから買う」には、ある理由がある…1500社以上が売上げアップ! 99%実話の物語。

 本書は、帯に『お客様の「ここだから買う」には、ある理由がある…』と書かれていますが、お客様の心の動きを左右する大切な事や、多くの商売の具体例を挙げて紹介されており、ビジネスを例題にした小説の形を取ることで、商売人が変化していくときの、心の変わり様が書かれているので、楽しみながら、商売の本質を辿っていくことが出来るようになっています。大事なのは、売ることよりもお客様が、今何を求めているかを考える事。そのいいものを、どう伝えるか、どうすれば伝わるかを考えることの大切さが書かれていて、マーケティングとしての学びにもなる一冊で、特に自ら商売をされている方にはオススメです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 14:10| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする