2020年05月22日

『甘夏とオリオン』増山 実

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

甘夏とオリオン [ 増山 実 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/5/22時点)




 大阪・玉出で、失踪した師匠を待ちながら肩を寄せ合い生き抜く落語一門。駆け出しの落語家・甘夏は、深夜の銭湯で寄席を開催することを思いつく。そこはどこか心に穴を抱える人々が集まる場所となり…。

 大阪の下町、玉出の銭湯に居候する駆け出しの落語家・甘夏。彼女の師匠はある日、一切の連絡を絶って失踪した。師匠不在の中、一門を守り、師匠を待つことを決めた甘夏と二人の兄弟子。一門のゴシップを楽しむ野次馬、女性落語家への偏見……。苦境を打開するため、甘夏は自身が住んでいる銭湯で、深夜に「師匠、死んじゃったかもしれない寄席」を行うことを思いつく。寄席にはそれぞれに事情を抱える人々が集まってきて……。

 本書は、女性落語家・甘夏と彼女を取り巻く人々の喜怒哀楽を描いた物語。師匠や兄弟子との会話のテンポが良く、女性落語家の成長物語でもあり、落語の魅力が上手く表現されている作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:17| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする