2020年07月17日

『じつは食べられるいきもの事典』松原始/伊勢優史

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

じつは食べられるいきもの事典 [ 松原 始 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/7/17時点)




 スズメやクジャク、セミやアリも実は食べられるいきもの。どんな味がするのか、どの地域で、なぜ食べられているのかといった知識、雑学を、環境的・文化的背景も踏まえながらわかりやすく解説する。料理例も掲載。

 本書は、ラクダ、マンボウ、カラスなど“じつは食べられる”生き物60種を紹介した生物事典。「ヤドカリはタラバガニの親戚だから美味しい」「ネズミザメの心臓は貴重な珍味」など、味や食べ方はもちろん、生物学や文化人類学的な観点も踏まえて、生き物たちが紹介されています。全ページ・フルカラーでもあり、子どもでも読みやすい一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:52| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする