2020年08月05日

『激動の昭和名馬列伝』中川秀一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

激動の昭和名馬列伝 [ 中川 秀一 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/8/5時点)




 アサカオー、ハイセイコー、トウショウボーイ、シンボリルドルフ、オグリキャップ…。日本競馬に携わり、大物ホースマンとも 親交があった団塊の世代の著者が、昭和後期の名馬たちを当時の世相と裏話を交えて綴る。

 物語は日本が高度成長期に入らんとする昭和35年から始まる。「日本の3大コダマって知ってるか?」近鉄バファローズの小玉選手と特急こだまと並ぶ少年たちの人気者だったのは競走馬のコダマだった。筆者が競馬と出会ったのは小学6年生の時。その後、一競馬ファンからホースマンとなる。故・吉田善哉氏などの大物ホースマンと交流し、競馬シーンを内から見続けてきた。激動の昭和日本の世相と空気とともに数多の名馬たちが躍動した時代を綴る。

 本書は、昭和に活躍した名馬たちの秘話を世相とともに綴った一冊。競馬のオールドファンであれば、当時の世相と共に懐かしい記憶が甦る内容で、大物ホースマンと交流し、競馬シーンを内から見続けてきた著者だからこそ知る裏話なども興味深かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:32| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする