2020年09月17日

『できるテレワーク入門 在宅勤務の基本が身に付く本』法林岳之/清水理史/できるシリーズ編集部




 新しいワーキングスタイルとして注目を集めている「テレワーク」。テレワークのメリットやリスク、通信回線などの環境、Slack、Zoom、Teamsなどを用いるチャットやビデオ会議、共同編集の方法などを解説します。

 本書は、テレワークのメリットやリスク、通信回線やグループウェアなどの環境の準備や、クラウドストレージやチャット、ビデオ会議などのツールの実践方法など、テレワークに必要な基本的要素をひとつずつ分かりやすく解説したもの。初めてテレワークに挑戦する方に向けて、豊富な図解と画面写真で基本をかみ砕いて解説した書籍で、「ファイル共有」「チャットの活用」「オンライン会議」など、幅広いテーマを解説。それぞれツールも複数紹介しています。あくまでも入門書でもあるため、個人的には非常に物足りない内容ではありましたが、これからオンラインミーティングを始めようとする人には、参考になる一冊だと思います。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 19:48| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする