2020年10月06日

『自粛バカ リスクゼロ症候群に罹った日本人への処方箋』池田清彦




 政府に自粛要請されると多くの人が外出しなくなり、「自粛警察」まで出現。自粛を批判すれば猛バッシングにさらされる…。自己保身という名の「リスクゼロ思考」が支配し、正義が暴走する不自由な現在の日本に警鐘を鳴らす。

 政府に自粛要請されると多くの人が外出しなくなり、「自粛警察」と呼ばれる人間まで出現。自粛を批判すれば猛バッシングにさらされる事態となったコロナパニック。ただの多数派がいつから“正義”の顔をするようになったのか。不倫バッシング、コンプライアンス、禁煙ファシズム…“正義”が暴走する現在の日本では、自己保身という名の「リスクゼロ思考」が支配している。まるで家畜のようになった日本人、大丈夫か!?

 本書は、自己保身という名の「リスクゼロ思考」について、コロナ禍が浮き彫りにした自粛について書かれたもの。自らで物事を考えずに、事なかれ主義が横行する日本での問題点をまとめたものですが、自らの問題であるにも関わらず、責任転嫁して「リスクゼロ思考」が支配し、正義が暴走するようになり、空気が支配する現状に警鐘を鳴らしています。様々な物事や出来事に対しては、自らで考えることが大切で、他人にも自らにも過剰に「自粛」を求める結果が、現在の日本社会の閉塞感にも繋がっていると思うだけに、新書として、いい意味で問題提起をしています。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 21:05| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする