2020年12月01日

『じんかん』今村翔吾

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

じんかん [ 今村 翔吾 ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2020/12/1時点)




 天正5年のある晩、織田信長のもとへ急報が。信長に忠誠を尽くしていたはずの松永久秀が2度目の謀叛を企てたという。だが、意外にも信長は笑みを浮かべ、語り出したのは…。『小説現代』掲載に加筆修正し単行本化。

 仕えた主人を殺し、天下の将軍を暗殺し、東大寺の大仏殿を焼き尽くす……。民を想い、民を信じ、正義を貫こうとした青年武将は、なぜ稀代の悪人となったか? 時は天正5年(1577年)。ある晩、天下統一に邁進する織田信長のもとへ急報が。信長に忠誠を尽くしていたはずの松永久秀が、二度目の謀叛を企てたという。前代未聞の事態を前に、主君の勘気に怯える伝聞役の小姓・狩野又九郎。だが、意外にも信長は、笑みを浮かべた。やがて信長は、かつて久秀と語り明かしたときに直接聞いたという壮絶な半生を語り出す。

 本書は、主人公が「裏切り者」のイメージで語られることの多い戦国武将、松永久秀。主君の織田信長に2度も反旗を翻し、室町将軍の暗殺にも関与、東大寺大仏殿を焼いたという説も伝わる人物でもありますが、そんな史上屈指の悪人にまつわる史料を大胆に解釈し直すことで、周囲の誤解を恐れず、胸に秘めた夢を追い続ける新たな人物像を描き出した作品。松永久秀の生涯を、大胆な新解釈で描くと共に、不条理に満ちた乱世を懸命に生きる人々の業と夢を描き切った時代小説で、500ページ強というボリュームではありますが、読み応え十分で面白かったです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 17:14| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする