2021年01月08日

『わかりやすさの罪』武田砂鉄

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わかりやすさの罪 [ 武田砂鉄 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/1/8時点)




 「すぐにわかる」に頼るメディア。わかりやすさの妄信、猛進が、私たちの社会にどのような影響を及ぼしているのだろうか。「わかりやすさの罪」について記す。『一冊の本』連載を加筆・修正し、書き下ろしを加え単行本化。

 本書は、世の中の「わかりやすさ」至上主義に異議を申すエッセイ。分かりやすくシンプルに伝えることも必要ではありますが、「わかりやすさ」を優先してしまうことで、間違った意図として伝わることもあるだけに、本のタイトルにもなっている『わかりやすさの罪』についての著者の自論には納得できるところも多かったです。少々回りくどい説明箇所もありますが、共感できるところが多く、「わかりやすいこと」だけを目的化することへの影響は考えさせられる内容でした。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:07| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする