2021年01月21日

『仕事本 わたしたちの緊急事態日記』左右社編集部編

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仕事本 わたしたちの緊急事態日記 [ 左右社編集部 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/1/21時点)




 ひとつの仕事は誰かの生活につながり、その生活がまた別の人の仕事を支えている! パン屋、内科医、校長など、緊急事態宣言が出される中、コロナにも負けず働いていた様々な職業の人たち77人の2020年4月の日記を収録。

 “普通の毎日”が一変した2020年4月、ほかの人はどう過ごしていたんだろう。パン屋、ミニスーパー店員、専業主婦、タクシー運転手、介護士、留学生、馬の調教師、葬儀社スタッフ……コロナ禍で働く77人の日記アンソロジー!

 本書は、緊急事態宣言が発せられた日、77人の様々な職業の人たちに、4月の日記を書いてもらうようお願いし、それを構成したもので、60職種77人の日々の記録をまとめた「コロナ日記アンソロジー」となっています。有名、無名問わず77人による「コロナ日記」は職業ごとのリアルが浮き彫りとなっていて、葬儀社スタッフが、肺炎で亡くなった方の遺族とやりとりする緊張感。ホストクラブ経営者が、日本水商売協会の一員として自民党本部で岸田政調会長と面談する様子。馬の調教師が記す、無観客開催の川崎競馬の内情。さらには、ゴミ清掃員や占星術家など知らない仕事の世界を垣間見ることもできます。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 19:09| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする