2021年01月28日

『ダーク・ブルー』真保裕一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダーク・ブルー [ 真保 裕一 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/1/28時点)




 潜航調査のため、フィリピン沖に向かった女性潜航士・夏海。だが、武装集団の襲撃に遭い、船員を人質にとられてしまう。彼らの目的とは? 仲間の命を救うため、夏海はシージャック犯とともに生死をかけたダイブに臨む…。

 海洋調査を専門とする日本海洋科学機関……通称JAOTEC(ジャオテック)のパイロット・夏海ら潜航チームは、天才科学者・奈良橋教授の開発チームとともに、潜水調査船「りゅうじん6500」に搭載された新型マニピュレーターの検証実験のため、フィリピン沖に向かう。だが、突如武装集団の襲撃に遭い、母船が占拠、船員を人質にとられてしまう! 彼らの目的は、深海の沈没船に隠された、世界を変えうる力を持つ「宝」のサルベージだった。仲間の命を救うため、夏海は調査船に乗り込み、銃を突きつけるシージャック犯とともに、暗く蒼い海の底へと生死をかけたダイブに臨む……。

 本書は、有人潜水調査船「りゅうじん6500」を舞台に、新たに発見された熱水鉱床を詳しく調査し、海底に眠る資源のサンプルを採取する第8回調査潜航がシージャック犯に占拠され、民族の独立のため海に沈んだ宝を取り戻すよう指示されるという物語。非常に興味深い設定でもありましたが、内容にあまり必要のない恋愛が入っていたり、シージャック犯についてが中途半端な描かれ方をしていて、舞台設定が活かせていない印象を受けました。映像化されると面白いかもしれませんが、犯人の背景や心情が少なかったのが少々残念でした。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 16:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする