2021年02月01日

『博物館ななめ歩き』久世番子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

博物館ななめ歩き [ 久世 番子 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/2/1時点)




 町の小さな博物館から広大な古墳博物館まで、東京を中心に各地のとっておきの博物館94館をユーモアあふれるイラストで紹介する。『文部科学時報』『ぶんかる』等連載をまとめて単行本化。

 全国6200館の博物館を巡ったミスター博物館こと京都国立博物館副館長の栗原祐司氏と一緒に、博物館好き・なまけ者漫画家の久世番子さんが東京を中心に各地のとっておきの博物館94館を、ユーモアあふれるイラストで紹介。たった1坪しかない「つまみかんざし博物館」、30ヘクタールの土地の中にある東京大学の「農場博物館」、実は渋谷のど真ん中にある「古代エジプト美術館」、ほかにも教科書の博物館に、古墳博物館、駄菓子屋ゲームの博物館まで興味深い場所ばかり。巻末には2019年に日本で初めて開かれたICOM(国際博物館会議)京都大会の模様をレポートした漫画を収録。本書を持って近くの博物館を散歩するもよし、また外出せずとも博物館巡りが本の中で楽しめます。

 本書は、様々な博物館94館をユーモアを交えて紹介したガイドブック。かなりマニアックな博物館も紹介されており、情報量が詰まった一冊となっています。興味をそそられる博物館が多く、機会があれば行ってみたい博物館が多かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:11| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする