2008年10月01日

昨日の出来事(9/30)

■ 民主、政権公約で財源を明記…特別会計積立金など使用

この財源は確保できるのか?

特別会計積立金は官僚の激しい抵抗が間違いなくあるだろうし、国家公務員人件費総額の20%削減というのはぜひとも実現してほしいですが、自治労が切れない民主党がこれを実行できるのか?と思います。

政権公約に暫定税率廃止を盛り込んだことは評価できるものの、子ども手当創設はバラ撒きに思えるし、仮に特別会計積立金を使うにしろ、これを単年で使ったら翌年は使うことはできないし、正直

ドンブリ勘定

じゃないかと思いますよ。

もっとしっかりしてくれよ民主党!

■ 東証大引け・大幅続落――米金融危機深まり3年4カ月ぶり安値

米下院による金融安定化法案の否決をきっかけとした金融危機の深刻化を受け、日経平均株価は大きく続落しましたが、世界的な経済ダメージから考えると、日本はまだ影響は少ないとは思いますね。

ただ、この金融安定化法案の否決によって、世界経済は更に悪化することが予想されますし、日本経済への影響もこれからジワジワと出てくるでしょう。

■ こんにゃくゼリー、また幼児死亡 95年以降17人目

幼児が亡くなったのは非常に可哀相なことではありますが、それでも凍らせたこんにゃくゼリーを1歳9カ月の幼児に食べさせますかね。

その、こんにゃくゼリーについては、警告表示もありますし、説明書きすら読まないような食べさせた側の責任の方が遥かに重いとも思いますし、警告表示をしているにも関わらず幼児にこんにゃくゼリーを食べさせるというのは、幼児虐待と言われても仕方ないでしょうよ。

それと、記事の最後に主婦連合会事務局長の話が載っていますが、「そもそも高齢者や子どもが食べてはいけないお菓子が流通していること自体おかしい」って、この発言の方がおかしいのでは?

それでは、未成年者が飲むことのできない酒類が流通されていることもおかしいというのか?

主婦連合会って、こんにゃくゼリーの製造中止に追い込みたいのかもしれないが、これはメーカー側というよりも自己責任の方が大きいですよ。

■ 源泉直下に露天風呂 夕張 「市が放置」と抗議 有料施設管理者

これは北海道新聞の社会欄の記事でもありますが、自然に川に流れている源泉なのだから、これを有料温泉入浴施設「ユーパロの湯」が、市が放置していると抗議をする方がおかしいとも思いますし、自然の天然露天風呂と入浴施設とでも入る客層自体全く違うだろうから、一々抗議なんてするなよと言いたい。

それなら自分のところの入浴施設のサービス向上を図るべきだろうし、単なる言いがかりとしか思えません。
posted by babiru_22 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック