2008年11月09日

各ネットCD/DVD宅配レンタルの改悪

先日、サービスを利用している宅配レンタルの「ツタヤディスカス」より「一部プラン新規受付終了のお知らせ」というものがあり、僕も利用している借り放題のMプランなどが、今月中旬頃から新規入会できなくなる連絡がありました。

現在の利用者に対しては、Mプランが即廃止されるというわけではないようだが、将来的には、Mプランが続くのか分からないし、オプション変更も容易にできなくなるようでは、ツタヤは改悪といってもいいでしょう。

もっとも、もしもMプランを廃止にするとなれば、ツタヤディスカスの利用者の大半は、このプランを利用しているだろうから、一気に利用者離れが進むことにもなるはず。

ツタヤディスカスとしては毎月の枚数が決められた定額コースに利用者を集めたいということなのだろうが、ネットの宅配レンタル利用者の多くは、安くて多くレンタルしたいという人が殆どでもあるでしょうが、Mプランの新規受付ができないとなると、入会者は伸びないだろうし、むしろユーザー離れにも繋がるでしょう。

一方、改悪になったのは、ツタヤディスカスだけかと思いきや、調べてみると「楽天レンタル」も改悪されたようですね。

こちらも、2,980円で借り放題だった「スタンダードプラン」が今月で終了されるようで、更にはメール便に書き込まれていた「即日配達」の文字が無くなり、配送センターから利用者の自宅まで届く日数が長くなったようで、ようはレンタルの回転数を上げさせないようにしたのでしょう。

他にも、ネット上で調べてみると、「ぽすれん」は先月から日曜日の配送を取りやめているようで、こちらも回転数を上げさせないようにしている模様。

なお、借り放題プランは、「ぽすれん」や「DMM」ではそのまま継続はされているようですが、宅配レンタル全体で改悪の動きが見られ、サービスの縮小傾向になっているのは残念ではありますね。
posted by babiru_22 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック