2009年04月16日

『女子は、一日にしてならず』黒野伸一


女子は、一日にしてならず

 OL奈美江は我が道を行く、強面のポッチャリさん。三十路を目前に、“太っているのは美しい”を標榜する会へ入会し、人生は急展開。本気の恋に悩み、さらには事件に巻き込まれ、最高体重を更新中。彼女の明日はどっちだ!

 OLの奈美江はでっぷり太った体を持っている、自称「脂肪のエキスパート」。その体型ゆえに子供のころからいじめられ、ふてぶてしさとガン飛ばしの技を身につけた。自分を卑下せず、どっちかというと人を見下し、孤高のオーラを身にまとい、会社でも誰とも口を利かないゴーイングマイウェイの彼女。太っているのは美しい!をスローガンとする会に入会したり、恋をしたり、だまされたり。そんな彼女が自分と世界を客観視できた時、変化が起こり始めた……。

 本書は、ダイエットをテーマとした作品ですが、主人公の強烈なキャラクターに圧倒されました。太っている事でいじめられてた主人公が、いじめられる前に他者を攻撃する事で自分を守っていくという個性的な性格に成長し、それを認めて美しい女子を目指していくという物語ですが、ドラマ化しても面白そうな作品で、ダイエット経験者なら面白く読むことができるとも思います。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック