2009年04月27日

『正直書評。』豊崎由美


正直書評。

 話題の本を、金(親を質に入れても買って読め)、銀(図書館で借りられたら読めばー)、鉄(ブックオフで100円で売っていても読むべからず)に分けて痛快に批評。書き下ろし袋とじ付き。『TV Bros.』連載を書籍化。

 本書は、読んだ本を、評価の高い順に金の斧、銀の斧、鉄の斧と3ランクに分け、大御所だろうがなんだろうが、3本の斧で斬りまくるというもの。辛口書評で知られる著者でもありますから、辛口が多いかと思いきや、本書では著者曰く「親を質に入れても買って読め」という金の評価が多いのは意外でもありました。的を得ている書評も多く、読書の参考にもなった一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック