2009年05月14日

昨日の出来事(5/13)

■ 【ポスト小沢】民主代表選は一騎打ちの様相 小沢氏、露骨に“圧力”

「選挙の前に有権者を広げるなんてことは民主主義としてはいけない」って、小沢は民主主義って分かっているのか?

民主党サポーターすら完全に無視して、反対勢力に圧力かけるって、やり方が完全にヤ×ザですな。。。(呆)

ちなみに、民主党の規則には「代表選を党員やサポーターの投票も含める」とありますが、これを完全に反故にするということは、自分達で作った規則すら守れないということだから、公約なども守れるのかは甚だ疑問。

ただ、ハトポッポが代表選に出るのは勝手ですが、万が一にもハトポッポが代表になってなったら、民主党は破滅の道をひた走るだろうし、頭の中身がお花畑で、失言を何度も繰り返すハトポッポでは選挙は勝てないだろうし、よく代表選に立たせるものだと呆れ果てますわ。

それにしても、力関係だの派閥の論理での党首選びって、何を昔の自民党のやり方やってるんだか。。。

というか、小沢とハトポッポは、世論と

空気読め!

■ 女性問題の鴻池官房副長官が辞表提出、理由は「健康問題」

女性と旅館にしけこんで、健康問題で辞任?

ふざけすぎの理由で、そんなの言い訳にもなりゃしない。(呆)

しかも総選挙を控えた大事な時期で、官房副長官という危機管理する立場で、健康すぎるから旅館に行って、健康問題が辞任とは、ちゃんちゃらおかしすぎる。

税金使って不倫するとは、政治家のクズですな。。。

それと、麻生首相の任命責任も問うべきです。

■ 雇用保険も未加入の疑い 小沢事務所、人数過少申告か

これが事実であるなら、事務所ぐるみで行ったということだろうし、小沢はやはり

真っ黒クロスケ

ということですね。。。

身の潔白を証明してほしいものですが、また逃げるんでしょうね。

小沢一郎に物申す! もう議員も辞職しなさいよ!

■ 【小沢辞任】与党「説明責任果たしてない」

「小沢氏は辞任表明の記者会見でも、なぜ特定のゼネコンから10年間で約3億円もの金を、偽装までしてもらったのか語っていない」と批判するのは当然のことですが、それなら自民も、二階と森と尾身の説明責任を果たせよ!

■ 西松建設ダミー献金認める、使途秘匿は25億円…内部調査

西松がダミー献金を認めるならば、献金受けた連中は揃って逮捕されるべきだし、総額25億というのは、とんでもない額の献金ですぞ!

小沢が辞任したのは、ひょっとしてこれを察知していたのか?

■ 21年度補正予算案が衆院通過 野党3党は欠席

バラマキ補正予算案が衆院本会議で可決されましたが、民主党、社民党、国民新党の3党は欠席って、せめて反対票ぐらい通せよ!

対案すら用意もできずに、採決は欠席って、意思表示ぐらいはしろよ!

■ 「ドル建ての米国債買わず」=民主・中川氏発言で円上昇−NY市場

「民主党が政権を握ったら、ドル建ての米国債は購入しない」と発言って、本気でできると思っているのか?

というか、選挙前にいきなりアメリカにケンカ売るとは、

極端すぎだろ!

しかし、これやったら中国も黙っちゃいないだろうし、世界経済に与える影響も大きいですから、世界各国から非難の集中砲火を浴びるはず。

勿論、アメリカの言いなりで米国債を買うのは大反対だが、民主党が政権取って、米国債を買ったらどうなるかということも考えていないのか?

■ 中国資本が日本の水源地を買収 危機感強める林野庁、調査開始

これは早く法整備をしなければダメだろうし、外国資本に対してはある程度の規制をしていくべき。

「買収話が持ち掛けられた地元自治体などが慎重姿勢を示しているため、これまでに売買交渉が成立したり、実際に契約締結に至ったりしたケースはない」とのことですが、対馬の二の舞にならないよう、しっかりとした法整備を固めてほしい。

■ 「遺体燃やせば虐待発覚しない」 聖香さん母親が提案か

我が子の遺体に対して、「遺体燃やせば虐待発覚しない」なんて言える神経も理解できないし、鬼畜であるのは勿論のこと、こいつらはトコトン人間のクズだ。

2人揃って、即刻死刑にしてほしい!

そして、少しは子供のことを考えろ!

■ 講談社などブックオフ株3割取得 販売網活用し不況克服へ

大日本印刷と講談社、小学館、集英社の大手出版3社は、中古本販売のブックオフコーポレーションの株式約31%を取得すると発表って、これ

敵対的買収

でしょうし、販売網活用というよりは、大手が圧力をかけているとしか見えません。

それとも、返品本や在庫処分をブックオフにでも流すのか?
posted by babiru_22 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック