2009年05月14日

「国民の声を聞いてください、舛添大臣!」なんてメルマガ出すなら、楽天はユーザーの声を聞きなさいよ!

医薬品のネット販売禁止の規制については、ここでも色々と書いてきていますが、今日になって

三木谷浩史より楽天ユーザーの皆様へ

と題した号外のメルマガが届きました。

何度か書きましたが、確かに薬事法改正案は一方的でありますし、医薬品のネット販売禁止の規制は、一部の人で不便となるだろうし、厚労省の規制の動きにも問題はありますが、楽天側の意気込みは分かるものの、正直あまりにも

しつこい!

以前に

医薬品のネット販売禁止について、楽天は都合良すぎるのでは?

でも書きましたが、ネット上の医薬品販売で、事故まで相次いだからこそ、こうしたネット販売禁止の流れにもなったのでしょうが、これまで楽天側である程度の規制販売をしていたならともかく、法の隙間を付くような販売方法(第二類医薬品の大量販売)を放置しておいたからこそ、医薬事故にも繋がりましたし、ネットユーザーやショップのことを本当に真剣に考えていたならば、自分達が問題や事故が起きないようにECサイト側で自己規制していくべきだったとも思います。

これまで楽天側でも、ユーザーの声を無視して、自分達に都合の良いようにお知らせすらない、身勝手な規約改正を何度も行い、楽天フリマを自分達の都合でいきなり潰し、ユーザーのニーズを無視してきているのだから、身勝手で都合が良すぎるとしか思えませんよ。

楽天市場で買い物をすれば、買い物後に毎回サンキチのドアップの画像が出るのも、即刻辞めてほしいですし、毎度毎度しつこい告知をやっていたら、折角署名した人でも嫌気がさしますよ!

同じく医薬品のネット販売禁止については、ヤフーでも特集がありますが、何度も何度も同じことを繰り返すような告知にはしておらず、むしろこうした告知を見習うべきですし、「国民の声を聞いてください、舛添大臣!」なんてメルマガ出すなら、楽天はもっとユーザーの

声を聞け!
posted by babiru_22 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック