2009年11月23日

昨日の出来事(11/22)

■ 普通国債発行、140兆円超 新規・借換債、10年度計画最大に

これぞ

バラマキ

政策のツケ


であり、自公政権以上に海外にもバラまいて、国民に負担をかけるって、こんなことは誰も国民は望んでいないぞ!

■ 高速無料化予算、大幅削減へ 「聖域」公約も見直し

現実的に難しいことを平然とマニフェストに掲げていたのだから、マニフェストの見直しも当然ですが、高速道路の無料化だけでなく、子ども手当と高校無償化も見直しなさいよ!

これらも見直して、控除廃止も止めて、国民全体のことを考えて、減税の方向に持っていくべき!

■ 普天間めぐり焦燥感=党内から連立離脱論も−社民

「このままでは連立離脱か分裂しかない」って、社民党がブレたくなければ、こんなの最初から分かっていたでしょうが。。。

民主党も、数のために仕方なく連立を組んでいるだろうが、本音としては組みたくないのが社民党だろうし、そもそも外交や安全保障が同じ方向性を向いていないですが、それにしてもグダグダですな。。。

■ 家賃滞納情報の共有構想が波紋=入居差別に懸念も

入居者の家賃滞納状況などの信用情報をデータベース化する構想で、市民団体や有識者は「社会的弱者の入居差別に使われる恐れがある」と反対とのことですが、入居差別というのなら、反対する市民団体や有識者が肩代わりして家賃を払うべき。

家賃は払うのが当たり前で、その家賃が払えなければ出ていくのが当然。

都合の良い様に、社会的弱者という言葉や入居差別という言葉を使うな!と言いたい。
posted by babiru_22 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック