2010年01月21日

昨日の出来事(1/20)

■ 小沢氏が4億円不記載了承…石川議員が供述

記事にあるように、小沢が4億円不記載了承していたことが事実であるならば、完全に

小沢アウト!

でしょうな。

おそらく小沢は完全否定するのかもしれないが、ここは検察側に証拠をガッチリと固めてもらっての小沢逮捕に期待していますし、ひょっとして民主党は大自爆の秒読み?

■ 虚偽記入「自分の意思」 石川議員・池田元秘書が供述

小沢に使い捨てにされるのに、「自分の意思」と言い切るのは忠誠を尽くしているということでしょうが、自分の意思で虚偽記載をしたというなら、小沢に管理責任が問われますし、いずれにしても石川議員の政治家生命は完全にアウトですな。。。

■ 小沢氏「国民の理解得られる」 参院幹部らと会食

「国民の理解得られる」とは、逮捕されて、犯罪者であるということに対しての理解が得られると言いたいのか?

それとも、全てを自白して、議員辞職をして、国民の理解が得られるとでも言いたいのか?

小沢は、もういい加減にこれまでやってきた数々の裏工作を全て自白して、楽になりなさいよ!

■ 可視化法案、今国会提出を検討=輿石氏「国民は民主激励」

「『民主党頑張れ』というファクス、電子メールが来ている。一連の目に余る情報漏えい、過剰なマスコミ情報に、国民もようやく本質に気付きつつある」って、そりゃ一部の支持者や支持団体から激励はあるだろうが、そうした一部だけを「国民」と言い換えるのは大嘘付きであり、国民の大半から批判の声が挙がっていることにも、少しは耳を傾けるべきです。

■ 【参院代表質問】「戦って」発言に首相、「検察への圧力ではない」

「天に恥じることがないように、国民の政権交代に対する期待に応えるという使命を果たすのが、首相として責任を果たす道だ」って、法律違反をしてきたのに恥だとも思っていないハトポッポのようですが、何度も言いますが

恥を知れ!

と言いたい。

無責任極まりない対応ばかりで、言ってたこととやってることが全く違い、秘書にだけ責任押し付けて、責任逃れを繰り返しているのだから、「国民の政権交代に対する期待に応えるという使命を果たす」というなら、今すぐ政権交代して下さいな。

■ 一方的報道「よろしくない」=官房長官

確かに一方的な報道は「よろしくない」ですが、一方的に検察を批判している党の官房長官が言うべき言葉ではありません。

それにしても、閣僚連中はどんだけブーメラン投げ続けるんだか。。。(呆)

■ 胆沢ダムはなぜ工事続行なのですか 参院代表質問で自民

「すでに本体工事に着工しているものなど、一定の客観的な要件を満たしているダムは継続することにしている」と説明って、散々小沢に裏金が流れているというのに、客観的な要件を満たしていると言い切るのも呆れるものだし、むしろ八ツ場ダムの方が本体工事に着工し、一定の客観的な要件を満たしているのだから、首相の回答は全く答えにもなっていない。

この胆沢ダムも中止して、八ツ場ダムも中止にするというならともかく、客観的な要件って、小沢に利権が流れているダムだから、工事続行だとでも言いたいのか?

■ 国民新党が総務省に通告「参政権法案は厳しい」

この外国人参政権と夫婦別姓問題に関してのみ、国民新党があまりにもまともなことを言っており、この問題については国民新党を応援しますが、夫婦別姓で不倫が助長されるに繋がるのか?

■ 外国人参政権反対の自民議連再開

『衆院選で、民主党が在日本大韓民国民団(民団)から選挙運動の支援を受けていたとの指摘が出され、「公職選挙法自体を改正し外国人の選挙運動を禁じるべきだ」(高市早苗元少子化担当相)との意見も出た』とのことですが、これは高市議員のおっしゃることは

ごもっとも!

民団が支持団体である民主党ではありますが、外国人からの政治資金が禁じられている以上、外国人は日本の選挙に介入すべきではないですし、個人的には法案化もしてほしいところです。

■ 「無料お試し」宅配ビデオ、知らぬ間に利用料

これ、注意を呼びかけるも何も、解約しないと利用料取られるのは当たり前のことで、各レンタル会社共に期間内に解約または休会しなければ利用料がかかると規約等に記載しているのだから、規約をロクに読みもしない方に問題アリだと思いますね。

こうしたネットサービスは規約やガイドを読まなければ、自分のミスでトラブルに遭うこともあるのだから、何でも業者のせいにするのではなく、しっかりと確認をして利用するべきです。
posted by babiru_22 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック