2010年04月23日

昨日の出来事(4/22)

■ 「ぶれでなく新しい政治」=鳩山首相、政権迷走を釈明−高速新料金

「ぶれているとかいう話ではなく、新しい政治をつくり上げていこうというメッセージだ」って、言ってることとやってることは

ブレまくり

じゃないか!

それとも、ハトポッポの言う新しい政治というのは、国民を騙して、多くの嘘を付き、幹事長の独裁政治を許して、誰一人責任を取らないというのが、新しい政治かよ!(怒)

しかし、これ多分本人も言ってることを理解していないだろうし、何を言いたいのかもサッパリ分かりませんな。。。(呆)

■ 沖縄訪問「しかるべき時機に」=鳩山首相

「現地の声を十分にうかがいたい。しかるべきタイミングが来たときには必ず(訪問)したい」って、マニフェストでも普天間問題を掲げていたのだから、政権交代前にも沖縄には行かなければならないですが、それが「しかるべきタイミングが来たときに」って、完全にタイミング逃してるわ!(呆)

というか、今の状況なら、沖縄にしても徳之島にしても、ハトポッポは上陸拒否されるでしょうよ!

そんな現実すら分かっていないのだから、これでは現実問題は何一つ片付けられないだろうし、首相としては勿論のこと、ハトポッポは政治家としても終わってるわ。。。(呆)

■ 鳩山首相の鹿児島入り見送り=徳之島案、さらに困難に

前日言ってたことを180度変えるって、思い付きでやってるから毎度ブレるのだろうし、これじゃ住民同意は考えていないということですな。。。(呆)

1日も持たないなら、最初から言うべきではないし、これじゃ命がけどころか、投げやりですな。。。(呆)

■ 鳩山首相元秘書に有罪=禁固2年、猶予3年−偽装献金事件・東京地裁

執行猶予付きとはいえ、有罪となったのだから、ハトポッポは議員辞職をすべきであり、「秘書の責任は議員(呆)の責任」と言ってきたのに、辞任すらせず責任放棄って、ハトポッポはいつまで恥を晒す気ですか?

■ 首相「大変残念で責任感じる」元秘書の判決に

「大変残念なことで、責任を感じている」というなら、議員辞職するべき!

秘書が逮捕されたら辞任しろとか言いきっていて、自分の秘書が有罪でも働く事で責任を果たすって、こんな無責任なことが許されるべきではありません。

■ 政府「法人税ゼロ」検討

新たに日本に進出する外国企業を対象に、最大で法人税ゼロって、鳩山内閣ってどんだけ

売国政府

なんだよ!(怒)

基地外すぎて、やろうとしていることは無茶苦茶すぎだし、日本企業潰しは勿論のこと、そんなに海外企業に日本を乗っ取らせたいのかよ!(怒)

こんなことを行うようでは、内需拡大どころか、更にデフレを進めることになるということすら分からない経済ド素人集団が鳩山内閣ということなのだろうし、一体どこの国の政策だよ、バカタレが!(怒)

■ 新高速料 見直さず 国交相『首相も了承』

閣内不一致があまりにも酷すぎて、呆れるばかりですが、やってることは適当なことばかりで、誰も責任取らないのだから、ブレブレ政府も迷走しすぎ。。。

ただ、見直しどころか、マニフェストには無料化と明記していたのに、民主党はいつ国民に対して謝罪するんですか?

■ 民主、「公務員庁」設置へ 参院選公約、労使交渉窓口に

「民主党は22日、公務員制度改革の一環として、労使交渉を担当する「公務員庁(仮称)」を設置する方針を固め、参院選のマニフェストの原案に盛り込んだ。公務員の労働基本権を回復する一方で、労使交渉による給与カットで国家公務員の人件費の2割削減を進める」とのことですが、省庁を新設しなければ公務員制度改革ができないというわけではないし、新たな庁を造る方がムダです!

しかし、民主党のやろうとしていることは公務員優遇としか見えませんし、自治労が支持団体だから地方公務員には一切手を付けないのだろうが、なんでムダなものばかり造るんだよ!(怒)

■ 地デジ:アナログ放送の画面上下が黒い帯に 7月5日から

「7月4日午後5時59分から1分間、アナログの番組やCMの放送を止め、アナログ放送終了や総務省の問い合わせ電話番号などを全画面で表示」って、そこまでやったら完全な嫌がらせ。

それより、総務省は来年の7月で完全にアナログ放送が終了できるとでも思っているのか?

まだまだ全国の難視聴地域でデジタル化が殆ど進んでおらず、住民負担や建物の持ち主の負担も大きすぎるのだから、そうした住民側の配慮も考えるべきで、それをやるなら対応策を分かりやすく出すべきでしょうが!
posted by babiru_22 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック