2010年10月16日

昨日の出来事(10/15)

■ 増税も「あり得る」=B型肝炎救済で−野田財務相

『B型肝炎訴訟で国側が示した総額2兆円に上る和解案に関し、「どうしても国民負担をお願いせざるを得なくなる。今からどういう財源かは詰めていないが、(増税も)あり得ると思う」と述べ、増税により救済費用をまかなう可能性を示唆した』とのことですが、もう何でもかんでも

増税かよ!

しかも、企業と国の起こした問題であるにも関わらず、救済費用を増税でまかなうって、どう考えてもおかしいし、民主党政権って、国の責任すら国民に責任転嫁するのかよ!(怒)

■ 改造1カ月「良い流れ」=首相

『首相が命名した「有言実行内閣」が実行されているかに関しては「これからだ」と語った』って、何でもかんでも「これから」って、一体いつになったら実行してくれるんだ?

もっとも、有言実行ではなく、有害なことは即実行している売国奴内閣ですが。。。

■ 公務員給与「深掘り」見送り 給与法は人勧完全実施 政府方針

有言実行内閣と言ったその日にこれかよ!(怒)

これじゃ完全に

嘘付き内閣

じゃないか!(怒)

何が国家公務員の総人件費2割削減だよ!

国民が望んでいることは全く実行しようとせず、国民が望んでいないことばかり独裁的に実行してばかりって、もういい加減にしろ!(怒)

■ ビデオ扱い、仙谷氏に一任=漁船衝突事件

仙谷に一任って、これじゃ非公開確定ですな。。。(呆)

それにしても、なんでも官房長官に一任って、これでは首相いらねーじゃん。(呆)

■ 「私も拙劣だった」=野党時代、報道基に質問−仙谷官房長官

何この開き直りは。。。

これぞ他人に厳しく自分に甘い党の体質を現しているものだとも思いますが、ブーメラン連発で、恥も外聞もないのかよ、仙谷は。。。(呆)

■ 谷亮子議員、小沢氏同席で柔道現役引退を表明

まず始めに谷亮子議員に物申したい。

個人的には柔道の引退を表明するのは勝手ですし、両立なんて政治を舐めるなとも言いたいですが、柔道現役引退を表明するというならば、柔道と政治活動の両立を立候補時の公約に掲げていましたから、これは完全に

公約違反

であり、有権者をバカにするなとも言いたい。

スポーツ選手としては素晴らしい選手でしたが、それなら最初から引退表明してから立候補しろと言いたいし、自らの栄光を台無しにする引退表明であり、それなら議員の方を辞任しろとも言いたい。
posted by babiru_22 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック