2010年11月03日

『空想オルガン』初野 晴

空想オルガン

空想オルガン

価格:1,575円(税込、送料別)



 吹奏楽の「甲子園」普門館を目指す穂村チカと上条ハルタ。だが弱小吹奏楽部で奮闘するふたりの前に、さまざまな事件が持ち上がる。青春×本格ミステリの決定版“ハルチカ”シリーズ第3弾。

 吹奏楽の“甲子園”普門館を目指すハルタとチカ。ついに吹奏楽コンクール地区大会が始まった。だが、二人の前に難題がふりかかる。会場で出会った稀少犬の持ち主をめぐる暗号、ハルタの新居候補のアパートにまつわる幽霊の謎、県大会で遭遇したライバル女子校の秘密、そして不思議なオルガンリサイタル…。容姿端麗、頭脳明晰のハルタと、天然少女チカが織りなす迷推理、そしてコンクールの行方は?

 シリーズ第3弾となる本書は、これまで同様に吹奏楽部を舞台として描かれていますが、コンクールの様子が中心で、伏線を交えこれまでのシリーズの中でも比較的ミステリ部分が強くなっています。4つの物語からなる連作集ですが、シリーズとしての良さを感じられます。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック