2010年11月04日

『熊のことは、熊に訊け。』岩井基樹

熊のことは、熊に訊け。

熊のことは、熊に訊け。

価格:1,995円(税込、送料別)



 ヒグマというのは悪魔でもモンスターでもエイリアンでもない。我々ヒトと同じく、この地球という惑星が育んできた乗組員の1人なのだ…。世界屈指のベアカントリー日本において最大最強の野獣・ヒグマとどう生きるかを考える。

 本書は、北大在学中にアラスカに移住し熊に魅せられた著者が、北海道北大雪の山麓に居を構えて9年間、日々ヒグマの研究にあてたヒグマの生態について書いたもの。人口密度からみてクマ生息密度が世界一の国土にあって、人はクマとどうやって共生・共存していくか。そして、ヒグマに遭わないためにはどうすべきか。また万が一、遭ってしまったときの対処法についても書かれています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック