2011年04月07日

昨日の出来事(4/6)

■ 年間被ばく限度、引き上げ検討=原発事故の長期化想定−官房長官

昨日の原子力安全委員会に続いて、今度は大本営での引き上げ検討発言って、政府がやろうとしていることは、ハッキリ言いますが

大犯罪だ!

基準値は国際的な標準値ともいえる値で、それを引き上げるということは、民主党の完全な保身であり、国民に対して補償金を支払いたくないためのことで、これでは何のための基準値なのかと怒鳴りつけてやりたいくらいです。(怒)

これでは国際的にも、日本の信用を落とす愚かな行為であり、国民の命や健康でさえも、無責任な対応しかできないって、責任逃れのために、国民を犠牲にするというのか!(怒)

そこまでするならば、民主党本部をただちに福島第一原発のすぐ隣に移動しろ!

■ 月内で原則打ち切り 企業や家庭に節電呼びかけ

計画停電を原則打ち切りにできるようになったということは、稼動することができた火力発電所の影響が大きいということでしょうが、なんでこうした説明を東電も政府もマスコミも国民に対してしないんだ?

大事な説明を省略し、それで節電だけを呼びかけるって、これでは本当に電力が足りないのか?と思う人も多いだろうし、キチンと正確な説明をすべきところを、ここを省略しては、無計画でしかありません。

■ 震災復興へ財政支出3兆円超 政府、1次補正原案判明

『財政支出の規模は3兆円超とし、11年度の基礎年金国庫負担割合の2分の1維持に向け確保した2兆5千億円の「埋蔵金」を財源に充てる』って、震災復興の財源は

埋蔵金かよ

もう呆れて言葉もありませんが、この非常時でも埋蔵金やるやる詐欺をやろうとしているって、民主党は現実逃避しかできないのか?

というか、この救いようのない政府の暴走を誰か止めてくれ!(怒)

■ 高速道割引、休日1000円を中止=復興財源捻出で提言案−民主部門会議

あえて言います。

民主党は、どこまでバカなんですか?

「北関東道以北の東北地方を中心に高速道路を一定期間無料化」って、被災地に物資を運ぶことが最優先されなければならないのに、東北の高速道を無料化って、物資運搬に支障が出るようなことを、なんで今やらなきゃならないんだ?

被災者イジメのようにしか見えませんし、この無料化のメリットが全く分かりません。

物流限定での無料化であるなら行うべきですが、一般車両にも当てはめるなら、それは明らかに支障をきたしますから、思い付きの提言は今すぐ止めるべき!

■ 震災対応中にボート 民主・長島議員 「横暴、なぜ」住民批判

民主党って、こんな輩ばかりの集団なんですね。。。(呆)

完全に東日本大震災は他人事としてしか考えていないから、こんなことしかできないのだろうし、パフォーマンスが好きな連中が多いようですから、そのボートを使って、福島第一原発まで行って下さいな。。。

■ 茨城漁船の水揚げ拒否、農水省が「違法」と通知

茨城漁船の水揚げ拒否に対して、農水省が違法通知したとのことですが、『同省は「風評被害を招かないように対応する」としている』って、基準値を超える数値の魚が取れた地域の魚を風評被害って、それは風評被害ではなく、放射能による

被害です!

これでは、基準値を超えた魚も平気で流通させようということであり、その場で検査をして、その検査の結果、基準値を超えていれば、水揚げ拒否せざるをえないでしょう。

更に、これを認めることになれば、茨城で獲れた魚が、千葉産扱いになりますから、こういう時こそ、キチンとした対応をすべきです。

■ 妊婦と乳幼児、村外避難へ…飯舘村が独自方針

本当はもっと早くに妊婦と乳幼児を避難させるべきだったとは思いますが、政府が何の対応もしてくれず、自治体行政としては独自判断というのは、勇気がいる行動だとも思います。

遅くなったとは思うものの、実際に高い放射線量が確認されているだけに、一刻も早く、妊婦と乳幼児を守るために、避難させるべきで、この判断は自治体として正しい判断です。

それなのに、政府は何をやってるんだよ!(怒)

■ ネットの流言飛語、管理者の自主削除を要請

なにこれ、完全な

言論統制キタ

「大丈夫です」「ただちに影響はありません」という大本営発表が第一で、真実が表に出るのを避けるための愚かな要請であり、非常事態宣言すら出さないくせに、言論統制をするって、あまりにも酷すぎるし、それならば自主削除の基準を出すべきだ。

どこまで隠蔽体質が染み付いているんだよ、バカ政府は!(怒)
posted by babiru_22 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック