2011年04月12日

昨日の出来事(4/11)

■ 統一地方選挙結果「信任された」とは言えず=岡田民主党幹事長

「信任されたと言えないかもしれない。しかし不信任とまで言うのは強すぎるのではないか」って、岡田幹事長、それは無責任すぎます。

統一地方選は民主党が

大惨敗

となりましたが、なんでこのような結果に繋がったのか、認識すべきですし、統一地方選とはいえ、この結果は幹事長自らが責任を取らないでどうするんですか?

これでも、他人に厳しく、自分の大甘な民主党ということですか?(呆)

■ 地震:福島第1原発1〜3号機の注水作業を再開

地震で注水作業が停止したというニュースを聞いた時は、かなりヒヤリとしましたが、注水作業が再開されたことで、取り合えずホッとしましたが、それでも余震が相次ぎましたし、今後このようなケースがないとはいえませんから、こうしたケースもしっかりと想定して対応してほしいと願うばかりです。

■ 枝野氏、首相退陣論を否定「職責を果たすことが筋だ」

「菅首相は民主主義のルールに基づき、厳しい中で職責を与えられている。菅内閣はその職責をしっかり果たすことに全力を挙げるのがまさに筋、責任だ」と、枝野官房長官は言いましたが、それでは枝野官房長官に問いたい。

民主党は、民意を無視するのですか?と。

これまでも散々民意を無視続けている民主党ですから、国民のことは何も考えないに等しく、政局第一でやっていくつもりなのでしょうが、自分達が野党の時に、散々解散しろと言っていたのは何ですか?

民主党の

無責任体質

は、あまりにも酷すぎるわ。。。(呆)

■ 福島知事は東電社長との面会拒否 「謝罪より事態収束」

東電社長はようやく休養明けですか?

ただ、福島県知事も東電社長との面会を拒否したい気持ちは分かりますが、直接文句を言って、更に今後の県ならびに県民に対しての補償の確約をしっかりと取るべきでしょうし、それをするのが知事としての役目です。

■ 政府の全村避難方針に飯舘村民「突然」「もっと早く」不信と戸惑い

個人的には、今の政府は全く信用できませんが、地方自治体としてならば、ある程度は政府を頼りにせざるをえないのでしょうが、村長始め、自治体をまとめなければならない人達は、村民を守るということを最優先するべきですし、今の政府では自主対応が求められます。

それにしても、政府も退避を命じておきながら、避難後のまともなサポートすらできていないのだから、話になりません。

■ たけし「東京湾に原発作れ」 持論を展開

「東京湾に原発作れ」というのは正論だと思いますし、「福島原発の電力を首都圏が利用しているのに、原発のリスクを地方の県や人に押しつけるのはおかしい」というのも納得です。

ただ、今後の新規の原発設置は反対します。
posted by babiru_22 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック