2011年05月14日

昨日の出来事(5/13)

■ 東電、料金最大18%上げ容認へ なし崩しで税金投入も

「政府は、原発停止による代替火力発電の燃料費など年7千億円、16%分と試算されるコストアップについて、料金への転嫁を認める方針を固めている」って、言ってたこととやろうとしてることが全然違うじゃないか!(怒)

コストの内訳すらまともな公表をせず、電気料金値上げに、なし崩しで税金投入って、民主党って、国民生活が第一ではなく、

国民負担

が第一かよ!(怒)

やい、バカ政府、どんだけ無能なんだよ!(怒)

■ 銀行株、損失拡大懸念で下落

「13日の東京株式市場では、枝野官房長官が金融機関に対する債権放棄を求めたことで、三井住友フィナンシャルグループが前日比97円安の2452円と急落した」とのことですが、政府は東電救済のために、日本経済も破壊させる気ですか?

そもそも、減資をし、株主責任を取らなければ債権放棄はダメであり、民主党はどこまで人災を広げれば気が済むんだ?

債権放棄を求めるというのであれば、手順を踏んでいかなければならないにも関わらず、政府は口先ばかりの補償しか言わず、東電が存続しながらの債権放棄はありえませんし、債権放棄させるなら、東電は一度潰すのが絶対的な原則です。

■ 外国人雇用に積極姿勢=被災地の農漁業再生−復興会議議長

『政府の東日本大震災復興構想会議の五百旗頭真議長(防衛大学校長)は13日、日本記者クラブで会見し、被災地の農業や漁業の再生に関し、「外国人をどう活用するか。国際的な人材を吸引するという在り方も考えなくてはいけない」と述べ、外国人の雇用を積極的に進める方策を検討する考えを明らかにした』とのことですが、被災地の方々は仕事もない状況で、被災住民の人材活用を最優先するならともかく、外国人雇用を進める方策って、政府も含めて、どんだけ

売国奴

なんだよ!(怒)

被災地で仕事を探している人が数多くいるというのに、そうした現状を差し置いて、外国人優遇って、これが復興会議の議長の発言なのだから、驚くというより呆れ果てますし、復興の妨げは本当に止めて下さい!

■ 契約アンペア引き下げを

「家庭については、特に契約アンペアの引き下げを推進したい。引き下げを行うと、一時期に、使える電力量が強制的に抑制されるのと同時に、基本料金が下がるので、家計の節約にも直結する。各家庭への周知と希望者への迅速な対応を電力会社に促したい」って、見切り発車しすぎです。

というか、火力発電所の復旧などで、火力発電中心にせざるをえないのだから、先にCo2の25%削減を撤回するのが先なのに、なんでこれすら言わないんだ?

しかも、電力料金値上げで保障にあてる話も出てるのだから、政府には全く統一性が無く、他人任せしすぎです。

■ メルトダウンに「周辺住民への影響はない」 枝野氏

『枝野幸男官房長官は13日午前の記者会見で、東京電力が福島第1原発1号機の状態をメルトダウン(炉心溶融)と認めたことについて「周辺住民への安全対策で問題になることは生じない」と述べ、周辺住民への影響はないと強調した』って、よく影響はないなんて言えるものですな。。。(呆)

影響ないならフルアーマー着るなよ。。。(呆)

更に『事故の収束を示した工程表への影響については「1カ月ごとに進行状況を踏まえて見直しをしながら進めていくが、その範囲だ」と述べ、見直しを迫られる必要はないとの認識を示した』とのことですが、東電でさえも見直しの必要性を言っているのに、「見直しを迫られる必要はない」ではなく、見直しは絶対に

必要だ!

■ 保安院 満水の必要性に疑問

「水が少なくても燃料が冷えることが分かり、格納容器を満水にするまで水位を上げる必要があるか疑問だ」って、なんですかこの結果オーライ発言は。。。(呆)

保安院の無責任さも酷すぎますが、危機感がまるでない楽観的な発想で、いい加減すぎます。

少しは責任を感じて、頭を下げて謝罪すべきなのに、頭を下げたら■■が落ちるから謝罪できないんですか?(苦笑)

■ 両陛下、福島産野菜をお土産に

「両陛下が心を痛めていることを聞いた佐藤雄平知事が、県産品を準備して現状を説明したところ、購入を希望された」って、佐藤知事は何をやっているんだよ!

両陛下の心遣いは本当に立派ではありますが、「残る2セットは皇太子ご一家と秋篠宮ご一家のところにそれぞれ届けられた」とのことですが、宮内庁の方、何とか止めて下さい。
posted by babiru_22 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック