2011年07月24日

昨日の出来事(7/23)

■ 「正直にわびるのは当然」=公約陳謝への批判に反論−岡田幹事長

「(公約が)百パーセントできるというわけではない。(できない公約は)正直に国民に説明し、わびるのが政治家として当然の態度だ」とのことですが、公約は単なる目標ではなく、

国民との約束

であり、最初からできないことを嘘をついて国民を騙し、詫びるといっても一切責任を取らないって、謝って済むべきことではなく、嘘をついて有権者を騙して票を集めたのだから、政治家として議員辞職すべきとも思いますし、解散総選挙をして国民に信を問うべきです。

■ 埋蔵電力示せ、異例の文書 首相が経産省に指示

埋蔵金の次は埋蔵電力ですか。。。

以前にも書きましたが、埋蔵電力という言い方自体変えるべきだと思いますし、これを示せという前に、Co2の25%削減を撤回するのが大前提。

事業者が緊急用のバックアップとしている補助としての予備電力分なのに、政府の扱い自体がおかしいですし、勝手に使えるものではないということぐらいは理解すべきです。

■ 与謝野経財相、復興財源として携帯電話の電波利用料引き上げなど検討するべきとの考え

『与謝野経済財政担当相は22日、BSフジの番組「PRIME NEWS」に出演し、東日本大震災の復興財源について、新たに携帯電話の電波利用料の引き上げを検討するべきとの考えを示した』って、今度は携帯の利用料の

増税かよ!

バカの一つ覚えで増税案しか出さず、携帯電話よりも、テレビ局の電波利用料を引き上げるのが先でしょうよ!(怒)

■ 自民個人献金、72%が電力業界

自民と電力業界の関係は「やっぱりか」としか言い様がありませんが、献金額の72%というのは、飛び抜けて多い額だろうし、これでは電力業界の言いなりになっていたと言われても仕方ないでしょうが、利権だらけは相変わらずで、ホント嫌になります。

記事には書かれていませんが、民主党議員でも蓮■や■沢や輿■などは、電力業界の総連から選挙資金を援助されていますから、電力業界と民主党との関係もありますが、こういう政治とカネの問題、そしてそのカネの裏側には巨大利権が必ず絡んでいますが、こうした事実を調べれば調べるほど、政治のカネに対する汚さにウンザリします。(怒)
posted by babiru_22 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック