2011年07月28日

DVD「GANTZ」を視聴

【送料無料】GANTZ(ガンツ)

【送料無料】GANTZ(ガンツ)
価格:2,642円(税込、送料別)



商品のストーリーとしてはネット上では

就職活動中の大学生・玄野計(二宮和也)は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝(松山ケンイチ)を見かける。正義感の強い加藤は、線路上に転落した酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に進入してきた電車に轢かれてしまう。次の瞬間、二人は見慣れぬマンションの一室にいた。そこには同じように死んだはずの人々が集められ、リビングの中央にはGANTZ<ガンツ>と呼ばれる謎の大きな黒い球が異様な存在感を誇っていた。出ることの許されないその部屋で、GANTZ<ガンツ>は死んだはずの人々に生き残るためのミッションを与える。それは“星人と戦い、そして殺すこと”だった。戦いの場へと転送された彼らは、何者かも分からぬ異形の星人と対峙する。

やがて戦いを終え部屋に戻るとGANTZ<ガンツ>による採点が行われる。星人を倒し得点を重ね、“100てん”になるとこの世界から解放されるか、好きな人を生き返らせることができると知らされ、元の世界に一時的に戻される。だが、“100てん”を取るまで戦いは終わらない。玄野は戦いに目覚め、生き抜くことを選択するが、加藤は暴力に支配された世界を嫌悪し、戦いを否定する。生と死を実感しながら、その不条理な世界での戦いは苛烈を極めていく……。


とありますが、敵を殺さなければ脱出できないという不条理な世界に生きる若者の姿を描く、奥浩哉の同名SFアクションコミックを映画化。

原作コミックをどう実写化でまとめるのか?とも思いながら見ましたが、原作とストーリー自体が違うこともあり、原作とは完全に別物として見られました。

二部構成となっているので、次作もDVD化した時に見ようと思いますが、コミックの実写化としては、思っていたよりも良かったです。
posted by babiru_22 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック