2011年07月29日

『インディアン・サマー騒動記』沢村浩輔

【送料無料】インディアン・サマー騒動記

【送料無料】インディアン・サマー騒動記
価格:1,785円(税込、送料別)



 山で迷い、無人駅に泊まる羽目に陥った大学生の佐倉と高瀬は、廃屋のような建物に明かりが灯っているのを目撃する。好奇心にかられた高瀬がドアを開けると…。「夜の床屋」ほか全7編を収録。“日常の謎”を描いた連作短編集。

 「もしかして俺たち遭難してるのかな」「遭難と決めるのはまだ早い。要は気の持ちようだ」軽い気持ちで登った山で道に迷い、その夜無人駅に泊まる羽目に陥った大学生・佐倉とその友人・高瀬は、廃屋と思い込んでいた駅前の建物〈三上理髪店〉に深夜明かりが灯っているのを目撃する。好奇心に駆られた高瀬は佐倉が止めるのも聞かず、理髪店のドアを開けてしまう。そこには……。

 本書は、7つの作品が収録されており、日常の謎に端を発しながら、予期せぬ結末が用意された、不可思議な連作ミステリ集。ミステリとファンタジーが融合された作品集で、どちらかというとファンタジーの要素が強く、独特の雰囲気の作品集でした。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック