2011年08月10日

昨日の出来事(8/9)

■ 官房長官 自主避難も賠償を

「枝野官房長官は、東京電力福島第一原子力発電所の事故で、子どもへの放射線の影響を心配して国が指定した避難区域以外の地域から自主的に避難した住民に対しても、適切な賠償が行われるよう東京電力を指導する考えを示しました」とのことですが、この自主避難については、地域の一定の

線引き

が必要です。

この賠償についてですが、先日決まった原子力賠償機構法で、東電の賠償=国民の税金ということにしておいて、東電だけを助け、線引きすらしない賠償というのは、国民のお金を自分達の金だとしか思っていないのではないか?

何よりも基準が曖昧すぎるし、責任を曖昧にしたまま、電気料金の上乗せに繋がることを平気で行うって、政府はどれだけ責任というものを丸投げする気なんだ?(怒)

■ 政府、避難準備区域は解除へ 3キロ圏内一時帰宅も実施

細かく段階を踏んで、徹底した調査をした上で、避難準備区域を少しずつ解除していくというならともかく、全ての地域での一斉解除というのは、やり方が強引すぎますし、これでは補償と責任逃れのために、無理やり一斉解除するとしか思えません。

個人的には、徹底した調査の元で、除染を行うべきですが、政府は基準や法律も関係なくしたいということなのか?

■ 3条件整えば首相は「辞める」 民主・岡田幹事長

『民主党の岡田克也幹事長は9日、民主党の主要政策見直しを確認した民主、自民、公明3党の幹事長会談終了後、菅直人首相が掲げた退陣3条件が整った場合、首相は「辞める」と明言した』とのことですが、民主党はこれで何度目の

辞める詐欺

ですか?

これまでの言動と行動から考えると、退陣3条件が整ったとしても辞めるというのは信用できませんし、発言には責任を伴わせて下さい。

■ 米 「日本海」は国際的表記

『日本海の表記を巡り、韓国政府が「東海」と併記すべきだと主張している問題について、アメリカ政府は、「日本海」という表記は国際的に認知されており、併記する必要はないという見解を示しました』とのことですが、国際社会の認知を考えても、日本海表記は当然のこと。

これを「東海」と併記するのがおかしな論理であり、自分達の国から見て東というだけで、国際的に通じると思っているのがどうかしています。

■ データ公表せず住民に危機 米紙「省庁の責任逃れ」

『米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は8日、東京電力福島第1原発事故による放射性物質飛散直後に日本政府が「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」 のデータを公表しなかったため、福島県浪江町の住民が避難先で高い被ばくリスクにさらされたと報じた』とのことですが、日本のメディアよりも、ニューヨーク・タイムズの方がまともな報道をしていますね。

また、『データ公表遅れについて同紙は「責任を逃れ批判を避けようとする中央省庁の文化」が背景にあると分析している』ともありますが、これは中央省庁と政府の責任逃れといえますし、責任を取るべき立場の人が、責任を取らないことも問題で、あまりにも愚かすぎます。。。(呆)

■ 泊原発:3号機営業運転再開へ 官房長官認める意向

『枝野幸男官房長官は9日午前の記者会見で、調整運転中の北海道電力泊原発3号機(北海道泊村)に関し、内閣府原子力安全委員会の判断を得た上で営業運転の再開を認める考えを示した』とのことですが、言ってたことと矛盾しまくりで、ストレステストってどこいったんだよ!(怒)

前日に菅首相が脱原発ウンヌン言っておきながら、これですからね。(呆)

しかも、営業運転再開については北海道の意見を聞かず、高橋はるみ北海道知事も「地元軽視で大変遺憾だ」と政府の対応に強い不快感を表明しましたが、ストレステスト対象外の運転継続ありきで、脱原発宣言って、どんな

ダブスタ

だよ!(怒)

この泊原発3号機は、プルサーマル化が計画されている原発で、プルサーマルを増設しようという動きにも反対ですし、泊原発3号機のストレステスト対象外とした営業運転再開という政府の対応も全く理解できません。
posted by babiru_22 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック