2011年08月14日

昨日の出来事(8/13)

■ 辞めた後考えるとうれしくて 首相ポロリ

「自分も野党の時は随分(首相を)攻めたが、攻められるのがこんなにつらいとは思わなかった」って、自分のことはトコトン棚に上げたいんですね。。。(呆)

そして、「辞めてからのことを考えると、うれしくて仕方ない」とのことですが、それならば

即辞任

して下さい。

多くの国民もそれを望んでいます。

■ 野田財務相:大連立を明言

『野田佳彦財務相は13日午前、東京都内で記者団に「連立が必要だ。当然3党協議をやってきた自民党、公明党の意見をふまえて対応しなければいけない」と述べ、自公両党との連立政権を目指す考えを明言した』とのことですが、民主党内だけでも意見をまとめられないのに、連立政権自体を行うことが無理です。

また、自民も公明も、泥船には乗らないでしょうし、野田のことだから増税を行うための連立と考えているでしょうが、連立の前に復興ビジョンを明らかにして下さい。

■ 【原発】「汚染がれき、福島県外の処分を」細野氏

「細野原発担当大臣は、福島第一原発周辺の放射性物質に汚染されたがれきについて、福島県外での処分を検討すべきだという認識を示しました」とのことですが、放射性物質に汚染された瓦礫の処分は、福島県で行うべきであり、東電が責任をもって、福島第一原発の近くに処分場を作って、処分をしていくべきであり、仮置き場所にしても、東電が引き起こした事故でもあるのだから、福島第一原発の近くの東電の敷地内にまとめて仮置き場所を設けるべきです。

これが、福島県外で処分することになると、更に放射性物質を拡散させることになりますし、なんで現実問題を非現実的に考えているんだ?

これでは普天間問題と同じことであり、民主党は汚染された瓦礫まで

バラマキ

かよ!(怒)

■ 子どもの甲状腺から放射線検出

「東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、福島県内の1000人以上の子どもの甲状腺を調べたところ、およそ半数から放射性ヨウ素による放射線が検出された」とのことですが、子供達を集団疎開させていれば、ここまでのことにはならなかっただろうし、「ただちに健康に影響しない」と言って、そのまま放置状態にして、この結果ですから、政府はどう責任を取るんですか?

確かにすぐには影響は出ないでしょうが、未だに放射能漏れが完全収束しておらず、半数の子供達を被ばくさせたことにもなりますし、明らかに政府の初動段階での避難指示のミスですから、この責任の所在こそハッキリとさせるべきです。

■ 送り火中止「騒ぎになって欲しくない」 陸前高田市長

この問題ですが、「騒ぎになって欲しくない」というだけならともかく、「遺憾だ」と言い切る市長はいかがなものかと思います。

放射性セシウムが検出されたのだから、中止は当然であり、「京都の独自の判断で中止するというのは風評被害をさらに拡大する」って、風評被害をさらに拡大させているのは市長自身だということも分からないんですかね?

静岡県知事の対応も問題アリでしたが、実害を自治体の長が広げようとして、実害を風評被害扱いにするのも問題ですし、東電や政府に対して、怒りを露にするというなら理解できますが、京都市の対応を批判するのは筋違いです。
posted by babiru_22 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック