2011年08月15日

昨日の出来事(8/14)

■ 野田氏「各党の玄関、コツコツとノックする」

『野田氏はデフレ対策に関連し、「需給ギャップが原因だった。大震災という状況の中で、復興需要をどう満たしていくかという観点からすると、まさに千載一遇のチャンスだ」と語った』って、いくらなんでも大震災の復興に向けて「千載一遇のチャンスだ」という言葉を使うこと自体、被災者のことを考えていない言葉であり、どうしてこういう

不適切な言葉

を使うのだろうか?(呆)

野田は民主党内でも以前から増税派でしたが、このデフレの中で増税を行えば、更にデフレを加速させることに繋がりますから、デフレを理解していると思えません。

■ 大連立、岡田・前原氏も賛意 野田氏陣営が足並み

民主党代表選で、政策論争をしていくならともかく、大連立ありきの動きとは、党内をまとめられず、これまで何度も野党からの協力要請を断ってきているのに、今更何を言っているんだ?とも思いますし、大連立ウンヌン言う前に、党内をまとめるのが先です。

■ 放射線副読本、全国の学校に配布 文科省決定、9月にも

「文部科学省は9月にも、放射線の基礎知識を教えるための副読本を全国の小中高に配布することを決めた」とのことですが、副読本として配布することは大いに結構なことですが、問題はその中身。

放射線に関しては、いわゆる専門家と言われる人達の間でも、基準に対しての考えはバラバラであり、文科省の都合の良いような内容になることも考えられますから、どのような内容とするのかは、注視したいです。

■ 拡大する「茶のしずく石鹸」アレルギー被害 重症例も相次ぎ集団訴訟の動き

以前にもニュースとなり、その後あれだけ大量に流れていたテレビCMも無くなりましたが、連日のようにテレビCMをやっていたのだから、せめてテレビCMで商品の回収を呼びかけるべきですし、企業としての対応がお粗末です。

それとも、「あきらめて〜」とでもCM流すのですか?(苦笑)
posted by babiru_22 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック