2011年12月19日

昨日の出来事(12/18)

■ 八ッ場ダム建設中止を撤回、予算計上へ

『建設中止か継続かで検証対象となっていた八ッ場ダム(群馬県長野原町)について、政府は建設継続の方向で最終調整に入った』とのことですが、これは完全に

公約違反

ということになりますから、建設中止を撤回するにしても、国民に対して、説明と謝罪をすべきであり、マニフェストでまともに実行できているものは何一つないのだから、解散総選挙をすべき。

それにしても、2年の間の迷走の責任は誰が取るんだ?

■ 鳩山元首相「冷温停止宣言は時期尚早」 消費増税も批判

『いまの民主党ではとても選挙で国民の信任を受けられない』って、その一端は自分にあるということすら分かっていないのだから、本当に脳内お花畑で、めでた過ぎるポッポですが、自分の責任の理解できないのだから、無能すぎます。

早く引退しろと言いたい。

■ 異例の対日強硬も妙案なく=関係者「残念な会談」−韓国大統領

『ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦問題を象徴する少女像に関しても、「誠意ある措置がなければ第2、第3の像が建つ」と撤去要請を一蹴した』って、歴史の捏造を散々しておいて、よく誠意などという言葉が言えたもの。

日本政府も、ハッキリと日韓基本条約を破棄するという認識と捉えていいのかと逆に問いただしなさいよ!
posted by babiru_22 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック