2012年03月20日

昨日の出来事(3/19)

■ 増税「封印」痛む財政 負担先送り「消費税率40%」シナリオも

そもそも増税案を出す前に、成長戦略を明確に出し、その上で、歳出削減を行うべきで、このデフレ化の中では、増税ではなく減税政策を行うべき。

記事にも『特に、10年に発足した小渕恵三内閣は日本の金融危機に対応するために40兆円にのぼる経済対策を打ち出し、財政は大きく悪化した。これに拍車をかけたのが、21年以降の民主党政権によるバラマキ政策だ』ともありますが、今の財政を大きく悪化させているのは

バラマキ政策

で、しかも財政状況を考えず、戦略なきバラマキばかりやっているのだから、これでは財政悪化を更に進め、日本の財政をワザと悪化させているとしか思えません。

■ 大学や専門学校に通っていた2人に1人が職場に円滑に進めず 政府、雇用対策を策定へ

『野田首相は「若者たちに、将来に希望を感じられないような状況が続くならば、日本の未来はわたしはないと」、「既存の施策の総点検。もう1回、そこに返ってから、やり直す必要がある」と述べた』って、それなら経済政策を出しましょうよ。(呆)

というか、相次ぐ増税ばかりで、これでは企業側も雇用を控えることにもなりますし、景気の悪循環を政府の無能な政策が招いてというのに、どのような雇用対策を出せるというんだ?

■ 北の「人工衛星」、田中防衛相が破壊命令検討

『田中防衛相は19日の参院予算委員会で、北朝鮮が人工衛星を打ち上げると発表したことについて、「自衛隊法第82条の3第1項に基づき、首相の承認を得た上、破壊措置を命ずることを考えている」と述べ、日本飛来に備え、自衛隊に破壊措置命令を出すことを検討する考えを表明した』とのことですが、明らかに弾道ミサイルであるならば、破壊措置すべきですが、衛星となると破壊後に弾道ミサイルが日本に向けて飛ばされることにもなりかねませんし、まずは衛星かミサイルかの確認をするべきです。

ま、民主党のことですから、破壊措置といっても口だけなのでしょうが。。。
posted by babiru_22 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック