2012年03月24日

昨日の出来事(3/23)

■ 野田首相:「日本はリーダーが摩耗…」 国会で嘆き節

『首相は昨年11月に主要20カ国・地域(G20)首脳会議などに出席するため、3週連続で外遊した際、オバマ米大統領や韓国の李明博大統領が「ふらふらだ」と話していたエピソードを紹介。「その間、彼らは国会に呼ばれていないが私は毎日だった」とこぼし、日本の首相は他国に比べて、国会対応の負担が重く疲弊してしまうとの認識を披露。「リーダーが国際交渉の舞台に元気に出て行く状況をどうつくるか胸襟を開いた与野党の議論を」と逆提案した』とのことですが、議院内閣制と大統領制は全く違いますから、比較すべきことではありませんし、これまで国会対応の負担を重くしてきたのが民主党でもあり、この状況を作ってきたのも民主党自身。

野田首相の言っていることは、またしてもブーメランであり、自分達が野党時代にしてきたことを考えてから言うべき。

というか、結局は愚痴をこぼしての

他人事

ですか。。。(呆)

■ 官房長官裁量、実態は闇=「国対費」の指摘も−機密費

『藤村修官房長官は、項目別の公開や一定期間経過後の公開を検討する意向を示している』って、野党時代には散々、機密費の公開を言っていたのに、公開どころか見直しすら議論もしないのだから、どこまで無責任なのかと呆れ返ります。

どうせ「公開を検討する」と言っているだけでしょうね。。。(呆)

■ 展示会来場者数の統計に認証制度 経産省

『経済産業省は23日、国内で開催される様々な展示会で、主催者が公表する来場者数などの統計データの信頼性を高めるために第三者機関による認証制度を4月から創設すると発表した』とのことで、『展示会関連の民間団体や日本貿易振興機構(JETRO)で構成する「日本展示会認証協議会」を設置し、展示会の主催者からの認証申請を受け付ける』ともありますが、確かに来場者などの数は、実際の人数の信用性には欠けますが、認証制度を設けるというのは、経産省の天下り先の確保というようにしか見えませんが。。。
ラベル:野田首相 機密費
posted by babiru_22 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック