2012年03月25日

昨日の出来事(3/24)

■ 首相、消費増税「今国会成立に政治生命かける」

『野田佳彦首相は24日、都内で講演し、消費増税関連法案について「ここで決断し、政治を前進させることができなかったら野田内閣の存在意義はない。政治生命をかけて、命をかけて今国会中に成立させる意気込みだ」と表明した』とのことですが、政治生命をかけるというなら、社会保障と税の一体についての成長戦略は説明するのが先ですし、歳出削減をせず、バラマキ政策ばかりやっていて、そのツケを国民に丸投げしようとしているのだから、これでは納得はできません。

そして、「ここで決断し、政治を前進させることができなかったら野田内閣の存在意義はない。政治生命をかけて、命をかけて今国会中に成立させる意気込みだ」と言うのであれば、先に国民に信を問うべく

解散総選挙

をすべきであり、財政再建しようともせず、説明もビジョンもないままに、増税だけを叫ぶって、やるべきことを先にしろとも言いたいです。

■ 首相「TPPはビートルズ」=参加の意義、独自解釈で説明

「環太平洋連携協定(TPP)はビートルズだ」とか「日本はポール・マッカートニーだ。ポールのいないビートルズはあり得ない」とか、野田首相は何を言おうとしているのか、意味不明。

何の例えにもなっていませんし、ケンカ別れで解散すると言いたいのか?

■ 被災地復興へ数次ビザ=中国人観光客向け検討−輿石氏

『輿石東民主党幹事長は24日午前、同党と中国共産党でつくる「交流協議機構」の会議で基調講演し、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県を観光する中国人を対象に、有効期間内であれば何度でも出入国できる数次査証(ビザ)の発行を検討する考えを表明した』とのことですが、中国を特別扱いしすぎです。

「岩手、宮城、福島の3県を観光する中国人を対象」といっても、被災地に行くかどうかの細かな判断はできないだろうし、しかも中国人限定って、中国人を優遇する理由を説明しろとも言いたい。
posted by babiru_22 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック