2012年03月30日

昨日の出来事(3/29)

■ 野田首相「増税で経済活性化も」 参院総務委で意義強調

『野田佳彦首相は29日の参院総務委員会で、30日に閣議決定する消費税増税関連法案に関し「消費税を引き上げることで社会保障の将来像に不安がなくなり、消費が喚起され、経済が活性化される可能性もある」と述べ、社会保障財源としての消費税増税の意義を強調した』って、何度もここで書いていますが、その社会保障の将来像についての成長戦略を出しなさいよ!

ビジョンを全く出さず、増税ありきしか言っていないのだから、あまりにも

いい加減すぎ!

財務省の書いた原稿を読んでいるだけなのでしょうが、「経済が活性化される可能性もある」とか、よくも言えたものだと呆れる他ありません。。。

■ 「死刑は国民から支持されている」 小川法相が会見で強調

死刑執行は、法相として粛々と職務を真っ当すべきことですが、「死刑は国民から支持されている」とか別に強調すべきことでもないでしょうし、それならば死刑囚全ての執行のハンコを押すのかとも言いたい。

国民に支持されているということを強調するということは、責任を国民に転嫁したいということなのでしょうが、言い訳は一切必要ありませんから、粛々と刑を執行して下さい。

■ “消費税”で国民新党分裂へ 自見大臣らが新党

『自見大臣や下地幹事長は新たに新党を立ち上げて連立政権に残り、国民新党は分裂することになりました』って、ある程度の人数のいる党であるならまだしも、少数政党で分裂って、そこまでして権力の座にしがみつきたいもんですかね。。。(呆)

滑稽すぎるわ。。。

■ 居座り戦術?大阪市の全労連系労組は退去拒否

『大阪市の橋下徹市長が職員の労働組合に市庁舎からの事務所退去を求めた問題で、全労連系の大阪市役所労働組合(市労組)は29日、組合を弱体化させる目的の不当労働行為にあたるとして、大阪府労働委員会に救済を申し立てるとともに、4月以降も退去しない方針を表明した』って、居座る気満々ですな。。。(呆)

しかも『市労組の竹村博子執行委員長は「市から十分な説明もなく、代わりの場所もなく困っている」と主張。賃料は大阪法務局に供託しているという』とのことで、賃料は大阪法務局に供託ということは、これまで賃料は払っていなかったということでしょう。

組合費でどこかに事務所やテナントでも借りれば済むでしょうし、やってることは明らかに不法占拠でもあるのだから、問答無用で強制撤去をするべきだと思います。
posted by babiru_22 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック