2012年04月12日

昨日の出来事(4/11)

■ 政権に新たな火種=自民が辞任要求、民主に進退論も−前田国交相問題

『前田武志国土交通相が岐阜県下呂市長選で特定の候補者の支援を依頼する文書を地元建設業協会宛てに送付したとされる問題で、自民党の谷垣禎一総裁は11日、前田氏の辞任を求めていく方針を明らかにした。文書送付は公職選挙法が禁じる事前運動に抵触するとの指摘もあり、民主党内には「進退問題に発展しかねない」との懸念も浮上。野田政権は新たな火種を抱えることになった』とのことで、これは前田国交相

完全アウト

『前田氏は11日の衆院国土交通委員会で文書に署名したことは認めたが、文書の内容については「全く記憶がない」などと述べるにとどめた』とか、いかにも政治家の言い訳で、呆れる他ありません。。。

■ 渡辺代表、苦いデビュー=「荒唐無稽」と首相一蹴

『みんなの党の渡辺喜美代表が11日、初めて党首討論に臨んだ。橋下徹大阪市長が主張する首相公選制や消費税の地方財源化を訴えたが、途中で質問を忘れて失笑を買うなど、苦いデビュー戦となった』とありますが、野田首相との党首討論はテレビニュースで見ましたが、正直見ていて茶番劇。

渡辺代表は、少ない時間で存在感を示したかったのでしょうが、党首討論なのだから、政策論争をしっかりとやるべきです。

■ キャバクラ嬢に貢ぐため…会社員5億3千万詐取

『栗田容疑者は5年間で総額約5億3000万円をだまし取ったとみられ、大半を気に入った1人のキャバクラ嬢に貢いでいたという』とのことで、開いた口が塞がりませんが、この間にこれほどの額を騙し取られる会社側の管理があまりにもザルすぎ。

『栗田容疑者は経理係長などを務めており、口座を一人で管理していた』ともありますが、いくら管理者が一人とはいえ、管理体制が杜撰すぎます。
posted by babiru_22 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック