2012年06月29日

昨日の出来事(6/28)

■ 小沢氏、近く「重大決断」=輿石氏と午後会談

『首相は同日午前、国民新党の自見庄三郎代表と会談し、造反者への対応について「近いうちに輿石氏と相談して素案を(政府・民主三役会議に)提示する」と述べた。また「賛成した人が地元で批判され、反対した人が英雄視されている」とも語り、造反者への不快感を示した』とのことですが、造反者は消費税引き上げ法案については、筋だけは通したのだから、賛成票を投じた者が地元で批判されるのは当然のこと。

ましてや、完全なる

公約違反

であるのだから、むしろ民主党で賛成票を投じた者こそが造反者ともいえますが、どこまで民意を無視すれば気が済むんですか?(怒)

■ 参院審議入り、処分と絡めず=自民が軌道修正−一体改革

『自民党が審議入りのハードルを下げたのは、処分問題を条件にし続けると法案の成立時期が遅れ、9月8日までの今国会中に衆院解散に追い込む機会を逃しかねないとの判断がある』とのことですが、衆院解散に追い込む機会というのであれば、絶対に一体改革法案で3党合意などすべきではなく、合意をしていなければ解散に持ち込めたのに、民主の延命に協力するような形をしておいて、自民のヘタレっぷりにも大きく失望しました。(呆)

というか、自民にも、戦略をまともに考えられる人材はいないのか?

■ 「決着急げ」前原氏、造反議員の処分問題

『民主党の前原誠司政調会長は28日夜、都内で開いた自身の支持グループ会合で、消費税増税法案の衆院採決で造反した議員の処分問題について「決着を急ぐべきだ。延ばすべきではない」と述べた』って、相変わらずの口だけですね。。。

もう茶番劇はウンザリだ!(怒)
posted by babiru_22 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック