2012年11月02日

日本シリーズ第5戦での誤審とブーイング

今日のスポーツ紙各紙の一面でも、昨日の日本シリーズでの誤審が取り上げられていますが、試合について取り上げられるならともかく、誤審が大きく一面に取り上げられるほどの

世紀の大誤審

でしょう。

昨日は、この中継をテレビで見ていましたが、日本ハムの多田野投手の投げた球は、内角高めのボール球ではありましたが、バントをしに行った巨人の加藤選手が避けただけで、バットにもボールは当たっていません。



おそらく、加藤選手がバットで避けた時に、自分のバットで自分のヘルメットに当たったものだとも思いますが、この誤審判定、最初に柳田球審が下した判定はファール。

しかし、巨人の原監督の抗議で、デッドボール+危険球として、多田野投手が退場処分となりましたが、どう見ても完全な誤審であり、これは日本ハムの栗山監督が抗議するのも分かります。

昨日のテレビ中継で解説をしていた古田氏が、即座に「誤審です」と言い切った解説も見事ではありましたが、ファールをデッドボール判定に変えたにも酷いですが、これを危険球退場にしたことが、どう考えてもおかしいですし、この日本ハムの多田野投手の内角高めのボール球が危険球であるならば、内角の厳しいところを突くボールをピッチャーが投げることができなくなります。

勿論、審判には、明らかな大誤審であるのだから、特に判定を覆しての誤審をした柳田球審は猛反省をすべきであり、審判の判定が戻ることはありませんが、審判の誤審防止のための罰則制度なども取り入れてほしいものですし、ホームラン判定の時だけではなく、疑わしい判定の時にもビデオ判定を取り入れるべきとも思います。

それにしても、この誤審の瞬間ですが、今日のスポニチの一面が

692794ea.jpg

でしたが、打者の加藤選手、捕手の鶴岡選手、柳田球審の3人全てが目を瞑っている瞬間の写真で、この一面を見た時には、思わず笑ってしまいましたが、この瞬間を捉えたスポニチのカメラマンにはアッパレです!

この誤審と同様に、昨日の試合を見ていて、気になったというか、嫌になったのは、札幌ドームでの日ハムファンによる、誤審の後の巨人の加藤選手に対してのブーイング。

ブーイングと凄まじい怒号が飛び交う様子は、テレビで見ていても分かりましたが、誤審で多田野投手が退場処分した時に、審判に対してブーイングするというなら分かりますが、加藤選手に対してのブーイングは、明らかに相手が違うブーイングであり、個人的な意見ですが、一道民として、昨日の札幌ドームでのこのブーイングに対しては、民度の低さというものを感じてしまいました。

1b9ffbeb-s.jpg

更に、続く巨人の長野選手に対しては、デッドボールとなりましたが、このデッドボールの時に日ハムファンの歓声と拍手までテレビから聞こえましたが、同じ北海道民として、あまりにも情けないですし、相手選手に対してのデッドボールで拍手とか歓声って、頭がイかれているとしか思えません。

誤審で球場の雰囲気が悪くなっていたにしても、ファンの人達にも、もう少し応援というものを考えてほしいものです。

また、以前から札幌ドームの応援で、個人的に非常に気になっていたことでもあるのですが、札幌ドームでは日本ハムの投手が3ボールになったところで、応援の意味を込めて、拍手をするのですが、この応援の拍手も、時と場合によって考えて行うべきとも思います。

例えば、3ボールから、2球続けてストライクを取り、カウントを3ボール2ストライクにでもするならば、応援の拍手というのも分かりますが、どのような状況であろうと、3ボールになっただけで、応援の拍手というのは、逆に投手にとってプレッシャーを与えることにもなるでしょうし、その拍手が自然の流れで発生するものであれば、いいでしょうし、本来、拍手というものは、賞賛や気持ちの表れでもあります。

ただ、今の札幌ドームでの3ボールでの拍手は、完全に形式的な拍手にもなっており、タイミングを図って行われる応援団のリード応援は別ですが、拍手は賞賛の意味だということを考えてやっているのだろうか?という気がします。

むしろ、日本ハムの投手が2ストライクを取った時に、アウトを期待して、拍手するというなら意味として分かりますが、日本ハムの投手に対して「ボール3拍手」は意味が無い応援のような気がしますし、ファンとしての応援というものも、昨日の試合から色々と感じましたし、札幌ドームのファンには節度ある応援というものを考えてほしいですし、自分自身も札幌ドームに行った際には、節度ある応援を心がけたいと思います。
ラベル:日本シリーズ
posted by babiru_22 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック